【九州~四国】フェリーに車を乗せていくならコスパがいいのはどの方法?

九州四国フェリーコスパがいいのはどの方法?

こんにちは、高知県在住・ライターのaimi(@aiaiminini)です。

先日、愛媛から大分県までフェリーで渡ったのですが、とっても快適でした。

四国から九州に渡る方法はいくつかありますが、一番コスパがいいのはどれ?ということで記事にしていきますね。

今回は運転手1人+普通車1台(4m未満)・片道運賃ということで計算していきます。

【九州~四国】フェリーに車を乗せていくならコスパがいいのはどの方法?

九州~四国に渡る方法は大きく4つ

四国九州間フェリーの航路一覧表

①【最短・最安値】九四フェリー(愛媛県三崎港~大分県佐賀関港)…6,990円

地図では一番短い「赤」色のラインで示しています。

はじめて「佐賀関」の文字を見られた方は少し驚かれるかもしれませんね( ゚Д゚)

おなじく九州にある佐賀県とはまったくの無関係で「さがのせき」と読みます。

愛媛県の先端「三崎」と大分県の先端「佐賀関」を70分で結ぶ最短航路

…というのもあり「船酔い」が心配の方も安心!

また1時間に1本・1日16便も運航しているので、予約なしでも比較的のりやすいです。

ただ三崎港がある愛媛の先端は、松山市から約2時間(93km)。

途中高速道路が未発達の部分もあり、どこからも時間がかかるのは否めないです( ;∀;)

 

「九四フェリー」の詳細を見てみる

②宇和島運輸フェリー・九四オレンジフェリー(愛媛県八幡浜港~大分県臼杵港)…9,920円

地図では「青」のラインで示しています。

2番目にポピュラーな愛媛県八幡浜港~大分県臼杵港のルート。

じつは全く同じ航路を2社が運航しています!

 

しかし運賃はまったく同じ( ゚Д゚)

①でご紹介した「九四フェリー」よりも3倍近く船体が大きく、150台の車が収容可能ですが、便数は1日6便と少ないのでご注意を。

でも予約をすれば確実にのれますのでご安心を!

公式ページではなく、下記リンク先「ウィラー」のページからの購入で600円引きになります♪これは利用しない手はないですよ~(#^.^#)

 

「宇和島運輸フェリー」の詳細を見てみる

③宇和島運輸フェリー(愛媛県八幡浜港~大分県別府港)…11,080円

地図では「緑」色で示しています。

②より航路はすこし長くなってしまいますが、九州の北側に直接アクセスしたいという方には便利。

また、INとOUTが異なる場合でも往復割(1割引き)がきくのは宇和島運輸だけ!

※往復とも宇和島運輸フェリー便に限ります。

例)【往路】八幡浜 → 別府【復路】臼杵 → 八幡浜 が可能

さらに公式ページではなく、下記リンク先「ウィラー」のページからの購入で600円引きになります♪これは利用しない手はないですよ~(#^.^#)

「宇和島運輸フェリー」の詳細を見てみる

④松山・小倉フェリー(愛媛県松山港~福岡県小倉港)…14,800円

地図ではいちばん長い「赤」色で示しています。

お金に余裕があり、目的地が博多や松山方面だという方は使う価値があります。

1日1便、21:55発・所要7時間です。

今回①の「九四フェリー」を使い九州入りした私ですが、目的地は大分県の南側・筋湯温泉でした。

しかしそのあと高速道(福岡県筑紫野IC~大分宮河内IC。ETC利用で3,000円弱)を使って博多に向かってそのまま帰ったので、帰りに関しては③という手もあったな~というのが本音。

短い航路にかかわらずお風呂もあってじっくりと休めるのもメリット。

一人旅の選択肢には特にGOODなのかも。運転しないで距離が稼げる=休める時間が長い、ということですからね。

 

「松山・小倉フェリー」の詳細を見てみる

⑤【運休中】宿毛フェリー(高知県宿毛港~大分県佐伯港)

地図では「黄」色で示しています。

宿毛フェリーはただいま運休中で、再開のめどはたっていません。

もし動いていれば、1日3便・13,000円程度でしたので、あるとないとでは全然違ったと思います。

「九州四国の最南端を結ぶフェリー」と銘打っているだけあり南側の観光をしたいという方にはもってこいなのでしたが。。。。( `ー´)ノ

比較表

  九四フェリー(愛媛県三崎港~大分県佐賀関港) 宇和島運輸フェリー(愛媛県八幡浜港~大分県臼杵港) 宇和島運輸フェリー(愛媛県八幡浜港~大分県別府港) 松山・小倉フェリー(愛媛県松山港~大分県小倉港
車1台+大人1人の片道運賃 6,990円 9,920円 11,080円 14,800円
乗船時間 1時間10分 2時間半 2時間45分 7時間
1日の便数 16便 7便 6便 1便
食堂の有無 △軽食販売のみ
毛布 なし 貸し出し100円 貸し出し100円 最低運賃の2等で寝具(マット、布団、枕)付き
大人1名・追加料金 1,070円 2,610円 3,400円 5,650円
wifi 〇フリー 〇フリー 〇フリー 〇フリー
お風呂の有無 × × ×

結局コスパがいいのはどれなの??

いちばんに言えるのは、あなたの目的地の「一番近く」に行くことを優先すること

そうでないと、いくら安く上がっても「時間」「距離」というロスがついてきます。

ガソリンも安くないわけですし、まずは行き先を第一優先で考えてみてくださいね( ..)φメモメモ

それでも一番お安い①と②で悩まれる方が多いでしょうから、シミュレーションしてみたのでお付き合いください。

※②は2社とも同料金ですが、宇和島運輸フェリーのみ貼付リンク先の「ウィラー」のページからの購入で600円引き

ネックなのは、愛媛側の交通の便です。

三崎港~八幡浜の距離は、約50分、40km(すべて下道)もありますww

ガソリン消費が燃費15km/ℓとして、2.6ℓが必要。386円。

※愛媛県のガソリン相場・145円で計算しています

往復同じ便を使えば、倍の約800円、2時間の貴重な時間がうばわれます。

これをどうとるか、で変わってきますね。

今回①を選んだ私ですが、この距離は結構消耗しましたww

aimi
aimi
あなたはどちらを選びますか?

コスパというのは安いだけじゃなくて、あなたの貴重な時間と労力も含めて総合的に判断することを指しますからね!

まとめ:コスパは人それぞれ!安いのは三崎~佐賀関だが、ほかもコスパという意味では悪くない

【九州~四国】フェリーに車を乗せていくならコスパがいいのはどの方法?

九州~四国に渡る方法は大きく4つ

 

今回私が乗ったのは①でしたが、帰路は④でよかったなと後悔しているところです(苦笑)。時間こそかかりますが、疲労度がだいぶ少なかったかと…。

寝て起きたら松山に着いてるなんて、よくないですか?

ひとりで運転して疲れてしまっていたので、そう思いました。

次の日に予定を入れていなかったのでなおさらです( ゚Д゚)

以上、『【九州~四国】フェリーに車を乗せていくならコスパがいいのはどの方法? 』の記事をお送りしました。

 

乗り遅れないように「前泊」&最終便に乗れなかった時「ホテル泊」もおすすめです

今回往路は早朝、帰路はかなり深夜の到着になってしまいましたが…

渡った先の旅を充実させるためにも「ホテル泊」で疲れをとるのは大アリです。

先日乗船した「九四フェリー」の場合だと

  • 愛媛側☛伊方町・八幡浜市市街地
  • 大分側☛別府・大分市市街地

とくに大分側は結構な数のホテルが存在するので、よりどりみどり。

意外と安く泊まれちゃうんです。

 【ホテルを予約するなら…】

★Pontaポイント1% + じゃらん限定ポイント1%がいつでも貯まる♬

「じゃらん」クーポンはこちらから

★楽天ポイントがたまります!「お買い物マラソン」「スーパーセール」期間中に利用すればさらにお得♪

≫「楽天トラベル」はこちらから

★Tポイントがたまります!「5のつく日」と「ゾロ目の日クーポン」は毎月開催される鉄板のイベント♬

「Yahoo!トラベル」はこちらから

★国内旅行予約は1%還元!

≫「るるぶトラベル」はこちらから

★当リンクからの初回宿泊は4,200円引き!

≫「Airbnb」はこちらから

関連記事

【愛媛・三崎港~大分・佐賀関港】「国道九四フェリー」の乗りごこちレポート!四国⇔本州の3つの陸路、どれが一番お得なの?お得なETCカード情報も!

九四フェリー乗りごこちレポート
【愛媛・三崎港~大分・佐賀関港】「国道九四フェリー」の乗りごこちレポート!こんにちは、高知県在住アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。 先日【愛媛・三崎港~大分・佐賀関港】「九四フェ...
スポンサーリンク

【自転車de瀬戸内旅】格安で松山~広島の移動をするなら!「クルーズフェリー」の6つのメリット

【自転車de瀬戸内旅】格安で松山~広島の移動をするなら!「クルーズフェリー」の6つのメリットこんにちは!冬の味覚には特に目がないaimiです。 2018年2月、お隣愛媛県が柑橘&瀬戸内海の向こう、広島県のカキも旬ということ...

四国⇔本州の3つの陸路、どれが一番お得なの?お得なETCカード情報も!

四国⇔本州の3つの陸路、どれが一番お得なの?お得なETCカード情報も!こんにちは!高知県在住アウトドアライターのaimiです。 もうすぐ高知に移住して1年半、3回目の本州行きを計画しています。 今回、気...
スポンサーリンク
ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高47000PV達成)の収益を拡大し、ライター/プログラミングの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。高知のおいしい食べ物と日本酒が好き。