「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット」の徹底レビュー【軽すぎて神】

EPIシングルチタンマグアイキャッチ

こんにちは、アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。

半年前購入した、「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット」がめちゃくちゃよかったのでさっそくレビューしていきます。

以前書いた記事「【登山好きへのプレゼント】価格帯別!山でつかえる&喜ばれる!おすすめプレゼント12選」にも登場したアイテムです(*^^)v

今回はソロクッカーとして活躍させるため、330mlを選びました。

【登山好きへのプレゼント】価格帯別!山でつかえる&喜ばれる!おすすめプレゼント12選こんにちは。アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。 最近私の周りにも登山人口が増えてきました。 ...

「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット330ml」のスペック

  • カバーサイズ:直径8cm
  • カバー重量:14g
  • マグ重量:54g
  • 容量:330ml
  • 材質:チタン
  • メッシュカバー付き

 

とにかく軽いです。でも薄すぎない。

大きさは筆者(女性)手のひらにちょうど収まる、というくらいですね。やや横幅のあるカップです。

「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット」のアマゾンレビューを見てみる

うれしい手のひらサイズ!

 

330mlとコーヒー1.5杯くらいの容量の水を入れられるのにかかわらず、とっても軽い!

軽いと申し上げても、ピンとこないですよね…?

では…気を取り直して!

aimi
aimi
キャンプ・日帰り登山・宿泊登山・ふつうの旅行と私が実際にあらゆるシーンで使ってきました!

そんな私がデメリットとメリットを説明していきます!

 

デメリット

指紋が残る

触った感触が「さらっ」としているため指紋が残りやすいというところでしょうか。

ハンドクリーム塗った後さわったら悲惨なことになります(ToT)/~~~

ちなみに、スノーピークのマグは指紋がまったく残りません…

なのでEPI特有の質感なんだと思いますww

気になる方は他社のマグをご検討ください。

私はあまり気になりません。洗えばすぐ落ちますし。

一般的な「チタンマグ」の注意点は以下の記事にまとめましたが、メリットのほうが勝ちすぎてデメリットに感じることはほとんどありません。

ソロチタンマグアイキャッチ
ソロキャンプ・登山に!直火可能な「ソロチタンマグ【フタ付き】」がめっちゃおすすめな理由こんにちは、アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。 ソロでキャンプや登山に行く際… そんなに凝った...

メリット

国内メーカー品である

同じような価格帯で「スノーピーク以外」で検索をかけると、きいたことのないメーカーのマグが多いです(泣)

夫
EPIガス?きいたことない!

という方にもご説明しますね。

EPIガスは、ユニバーサルトレーディング(UNIVERSAL TRADING Co., Ltd. )傘下にある日本の登山用品メーカーである。

もともとは、ガスバーナーに特化していたが、最近ではクッカーなどの登山用調理器具も生産している ~wikipediaより引用

現在EPIガス製品のほとんどが国内で生産されています。

EPIと言えば「好日山荘」などの登山ショップでもおなじみのメーカー。

ですので、品質はしっかりと保証されているということ。

直火使用が前提【スノーピークは非推奨】

ここでご注目いただきたいことがひとつ…

それは、「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット330ml」はただのマグカップとして使うにはもったいない製品であるということです。

なぜかというと、「直火使用可能」だから。

意外と直火使用できるカップってあまりないんです。

  • ダブル構造(チタン二重構造)は層の空気膨張で爆発可能性あり、絶対に✖
  • シングル構造でもできるものは限られている

 

みなさんご存知であろう「スノーピーク」のチタンカップですら、シングル・ダブル構造品ともに直火使用は推奨していません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

アマゾンレビューには「炒め物をやり過ぎると底が変形してペコペコになりますので注意」とかいてあったりするので、ちょっと素材が薄いのかもしれませんね。

その証拠に、当製品より4gだけ軽いですwww

ほかの人とあまりかぶらない

スノーピークのマグはかぶりまくってキャンプや山小屋での乾杯のときに間違えてしまうほどですが(汗)

こちらの商品は持っている人が少ないためあまりかぶりません。

個人的にマグに名前書くのはちょっと…と思っていたのでよかったです(*‘∀‘)

お手入れカンタン

デメリットの項で「指紋が残りやすい」点をあげましたが、洗えば一発で落ちますし食器洗浄器にも入れることができるので、山帰りの後片付けも楽チンです。

ただ、洗ったあとの乾燥だけは念入りにしましょう!サビたら悲しいことになります…

国内メーカーの中でフタ付き3,000円以内はEPIだけ

EPIはチタン=高いというイメージを払しょくしてくれます。

サイズ違いでもさほど値段が変わらない(〜数百円)ので、サイズ違いでそろえる人もいるほどファンの多い製品なんですよ(*‘∀‘)

チタンマグは熱伝導率が悪いということもあり、「フタ付」でないと性能が最大限発揮できないのでぜひフタ付の「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット」をゲットしてみてくださいね!

同価格帯・4つのメーカーのチタンマグとの比較

同価格帯でよく比較される4つのメーカーを比べてみました。

ほとんどの方が国内メーカー「スノーピーク(フタ無し)」と「EPI(フタ付)」で迷われるようですが、絶対フタ付きの「EPI」をおすすめしますよ!

メーカー EPI(イーピーアイ) スノーピーク(snow peak) ゴートレンジ Lixada
商品名 シングルチタンマグカバーセット チタンシングルマグ キャンプ用チタン製マグカップ チタンシングルマグ
価格【2019/2月現在】 ¥2,727 ¥2,138 ¥2,740 ¥2,080/¥2,180
重量 68g 64g 83g 75g/84g
容量 330ml 300ml 420ml 300ml / 350ml
直火を推奨しているか OK NG、へこむこともあるので自己責任 OK OK
フタの有無
特筆事項 マグの取っ手が折り畳み時干渉しない スノーピークのロゴがかっこいい、超定番商品。フタなしのため最安値 フタの取っ手が自立しないのでやけどに注意 EMSで中国からの配送。10日くらいかかるが荷物追跡は番号で可能

EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグのラインナップ

330ml

通常のコーヒー1.5杯分くらいです。

400ml

すこし中途半端な容量ですが、カップヌードルリフィルがちょうどよく沸かせます。

330mlだとギリギリなので、吹きこぼれてしまうんですよね。

500ml

みなさんご存知の500mlペットボトル1本分ですね!

ラーメン+α分のお湯が一度に沸かせます。

 

まとめ:EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ。久しぶりにコスパいい買い物しました!

ここでいちどまとめましょう。

「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット」の徹底レビュー

デメリット

  • 指紋が残る

 

メリット

  • 国内メーカー品である
  • 直火使用が前提【スノーピークは非推奨】
  • ほかの人とあまりかぶらない
  • お手入れカンタン
  • 国内メーカーの中でフタ付き3,000円以内はEPIだけ

 

特にソロキャンプ・ソロ登山の多い方には汎用性も高く、とっても満足していただける商品です(*‘∀‘)

ぜひ手に入れて、今以上に充実したアウトドア活動を満喫してくださいね!

『「EPI(イーピーアイ) シングルチタンマグ カバーセット」の徹底レビュー【軽すぎて神】』の記事をお送りしました。

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高26,000PV達成)の収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。高知のおいしい食べ物と日本酒が好き。