【冬の車いじり対策はこれでキメル!】DIY作業をなるべく暖かく行う4つの方法

冬の車いじり

こんにちは。高知の標高の高い所に住んでいる、aimi(@aiaiminini)です。

あなたは真冬の車いじり対策、どうされていますか?

私は最近自宅でセルフバッテリー交換をしました。

カーバッテリーを頼んでいて届いてから、1週間放置。

やっと重い腰をあげて部品交換に至るという…(*_*;

なんせわが家は谷にあるのですぐ日が山に隠れてしまい、

aimi
aimi
めちゃくちゃさむい!!

んですもん。

この記事では、【冬の車いじり対策はこれでキメル!】DIY作業をなるべく暖かく行う4つの方法ということで詳しくお伝えしていきますね!

【冬の車いじり対策はこれでキメル!】DIY作業をなるべく暖かく行う4つの方法

①車を短距離でもいいので動かした後、作業を行う

いまから挙げていく4つの方法の中で一番重要なことをお伝えします。

車を少しでも動かしてから作業を行いましょう!!!!

というのも、

  • エンジンルームを触るなら、あったまっている状態がキープされている
  • 運転席をいじるにも、暖房をつけた後だから少しでも暖気が残っている

 

・・・はず。

どうですか?作業前にエンジンルーム開けてみてくださいよ。

aimi
aimi
あったかい…!ありがてぇ…!

気温5度しかない環境でも…ホワッとあなたの体の中を温かい空気が包んでくれるはずです(笑)

aimi
aimi
手先もほぐれますし、作業効率もいいです!

今回、バッテリー交換作業をしたんですが、作業中30分くらいずっとほんわりした熱気の中で行うことができました☆むしろ暑くてダウンを脱いでやっていたほど。

 

②なるべく晴れた日、日の当たる場所で行う

わが家にはガレージがありますが、ふきっさらしで雨がしのげる程度、まったく防寒機能はありません。

ではどうすればいいか?わざわざガレージの中でやらず、日なたの暖かい所に車を移動させてやりましょう!!

肌を守るには紫外線対策は必須にはなりますが、冬にわざわざ寒い所で長時間作業することを考えれば、考える余地もないです(ToT)/~~~

※終了後はしっかりケアをしましょう!

ちなみに、暗い所で作業する=エンジンルームの細部が見えにくいというデメリットもありますのでなるべく、晴れた日の温かい場所で行うのがベストです☆

しかし、これを書いている筆者は作業開始時日照ばっちり&ポカポカだったのに、終わるころ、日陰になり要懐中電灯になったという悲しいエピソード付でした( ゚Д゚)

夫
懐中電灯持って来いといわれて僕も出動したよ(笑)

 

▼置いて照らせるランタンタイプがオススメ▼

懐中電灯は持ちながら作業ができないので、置けるタイプがGOODですよ(‘◇’)ゞ

 

スポンサーリンク

③天気予報を見て、なるべく暖かい日に行う

冬=放射冷却で快晴の日ほど寒い傾向があるので、曇っている日ほど気温が高い傾向があります。

aimi
aimi
じゃあどうすればいいのよ?!

こればかりは天気予報を見るしかないですね~

ちなみに私の住む町の1月の平均気温は最低ー2度〜最高+8度くらいの間で推移しているのでどの日にやっても同じでしたが、朝起きた時に外にある水道管が凍っているか否か、で決めました。感覚的なことで恐縮ですが(*_*;

水道の凍る日の特徴=風が吹いていて湿気が少ない日が多い。つまり体感温度が温度のわりに、すごく寒い

④しっかり着込んで行う

①~③まで対策しておいて、薄着で行うのでは本末転倒です。

しっかりと防寒対策をしましょう。

最近では「車いじり」に最適な、汚れても惜しくない値段のワークマンやユニクロのダウン&ジャケットも充実しています。

浮いた工賃で着まわせる防寒具を買うのもアリですね(笑)

ちなみに私はバッテリー交換で1万円以上浮きました!

「それならやる~~」って感じですよね☆つなぎを揃えたら「それっぽくて」おしゃれで楽しいかも?!

また、冷えは足元から来るので防寒ブーツも必須です。私はこのようなボア・ダウン生地がついたのをよく履いています。

 

まとめ:冬の車いじりは対策さえしっかりとすれば、むしろおすすめしたいです!

冬に車いじりなんて…と思う方も多いかもしれません。

でも今回の私のように、

  • 「すぐに変えないとバッテリー電圧が下がりすぎてる」
  • 「定期点検で引っかかった」

 

などの場合は、緊急性を要します。

考え方によっては、夏の集中力の続かないときにやるよりおすすめですよ(‘◇’)ゞ

夏やった時は虫に刺されるわ、暑いわ、最悪でした。

さらにだれてくるし、休みつつやるのでどんどん長引いた記憶が…www

これを読んでいるあなたのお役に立てたのであればうれしいです!

以上、『【冬の車いじり対策はこれでキメル!】DIY作業をなるべく暖かく行う4つの方法』の記事をお送りしました。

【セルフバッテリー交換】最悪エンストも?古いさび付きボルトに要注意!対策法も!こんにちは。DIYの楽しさに最近気づき始めたaimi(@aiaiminini)です。 先日、自分の愛車タントのバッテリー交換をして...
【ダイハツ・タント】初心者向け!ドライブレコーダーの電源をヒューズからとる方法こんにちは。軽自動車のタントに乗っているaimiです。 すこし前に購入したドライブレコーダー。 いつもお世話になっているカー...

セルフバッテリー交換するなら「カーエイド」で買おう!

今回の私のように、簡単にバッテリー交換くらいはできたらいいと思いませんか?

「カーエイド」でバッテリーを購入すると「お問い合わせサポート」がもれなくついています。ひとりで取り付けるのが不安だ、という方でもこれなら安心♪

お問い合わせ

さらに「カーエイド」では以下の動画も自作されたというから、驚きです♪

さすが「誰でもできるバッテリー交換」うたっているだけあります。チカラ入ってますね!

私はイエローハットが21,000円といっている中、たった9,800円でつけることができました!

  • 廃バッテリーの処分無料(着払いで送付)
  • 社名・型式名のみで、バッテリーが一目瞭然!
aimi
aimi
廃バッテリーは市町村の廃品回収で扱わないところが多いから助かる♪

ぜひチェックしてみてくださいね!

\廃バッテリー回収無料!/

【カーエイド】をチェックしてみる!

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高26,000PV達成)の収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。高知のおいしい食べ物と日本酒が好き。