【四国カルストde1泊モデルコース】ココロ震える絶景キャンプ&ハイキング!よくばりプラン教えます

こんにちは。高知県在住アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。

先日念願の四国カルストでキャンプをしてきたのですが、「四国カルスト」はざっくりしたエリアの名称。

どこを見たらいいかわからない方も多いと思います。

aimi
aimi
わたしもそうでした!

なので、時間軸で何をしたらいいかがわかるといいのかな?とがわかるようモデルプランを作成しました。

というのも、四国カルストはとくに夏はとても混雑する場所で、(※標高1,300mと涼しいため)

  • もしキャンプをするなら早く行かないとテントを張る場所がなくなる
  • 張れたはいいけれどすごくトイレが遠い場所しかない場合も
  • カフェ「もみの木」の絶品チーズケーキは午前中にお店に行かないとすぐなくなる

 

計画を立てずに乗り込むと悲惨になる場合も多いです。

どこから来るにも時間がかかる場所なので、せっかくのカルスト楽しんでいただきたいわけで…

このモデルプランを見たらばっちり!という風にさせていただきますよ☆

目次

【四国カルストde1泊モデルコース】ココロ震える絶景キャンプ&ハイキングプラン

いよ観ネットより引用

今回のドライブマップはこちら。googlemapを点でつないだ「マイマップ」に飛びます。

https://drive.google.com/openid=1zeGRbTs_1jIfpszCO3fGLi0slEbi_iwI&usp=sharing 

1日目

11:00 姫鶴荘(めづるそう)に到着、キャンプの受付

11時に「四国カルスト」の西側スタート地点、姫鶴平(めづるだいら)に到着です。

到着した日は小雨もふっており、午後から天気が回復する予報だったのですがまだまだあつい雲におおわれたまま…( 一一)

しかし、姫鶴荘の駐車場でテントを張るか悩んでいると話しているとそこにいらっしゃったバイクツーリングのおじさまが

バイクのおじ様
バイクのおじ様
夕方に張るのじゃいい所なくなっちゃうよ、今のうち張っときな!

と言われたので、さっさと設営することに。

でも地面濡れているのが心配…ということで近くまで行って様子をうかがうことに。

東屋がある場所がいちばんお手洗いから近いテント場です。もうすでに張られていますね
姫鶴荘の裏にお手洗いがあり、24時間使用可能
スポンサーリンク

11:10〜12:00 テントを設営、簡単なランチ

姫鶴荘でお手洗いと受付1人500円を支払った後、テントサイトに向かいます。

先ほど姫鶴荘から見ていた通り、「上のほう」から埋まっていくのがわかったので、あえて下のほうに向かいます。

確かに上のほうは

  • 水場あり(東屋の中にあり)
  • トイレが近い(姫鶴荘)
  • 地面が平ら

 

というのもあり人気なのはわかりますが、それだけ「混みあう」のが予想できたので今の時点では誰もいない下のほうに向かったのです。

下のほうは

  • 周りが芝生
  • 車も横付け出来る
  • 水たまりさえ我慢すれば問題なし

 

トイレと水場問題さえどうにかすればいうことなしの場所です。

ひとつアドバイスするなら、水を上から運ぶのは大変なので姫鶴荘で受付をしたときにくんでおくのが正解です。災害用にも役立つ「プラティパス」などの容器に多めにくんでおきましょう。

aimi
aimi
トイレは歩くしかないですが…片道5分程度でしょうか
設営時に撮らなかったので、夕方に撮りました。空が赤いですねww

 

ちょうど設営中にお昼になったので軽くランチとしました。姫鶴荘でもランチが食べられるようですが、カツカレー1,200円など山小屋価格なのでご注意を!

途中で買ってくるのが正解でしょう(‘ω’)ノ

 

12:00 天狗荘に向け出発

テントを設営したら、ハイキングの準備をし天狗荘に向け出発です。

途中はあの有名な「風車」2基のすぐ横を通り抜けることができます。

ロードバイクが下ってきたり、飛ばすクルマも多いのでよそ見には注意です!

道も大変せまいです。

12:20 天狗荘のP お手洗いを済ませ、セラピーロードハイキングへ

セラピーロードのみの往復(ハイキング)なら2時間程度で終わりますが、大引割・小引割までの天狗の森縦走路(登山)を歩くと4時間弱かかります。

体力・時間とご相談して決めてみてくださいね(*‘∀‘)

詳しくは記事にも書いていますのでご参照ください。

【高知県津野町/愛媛県久万高原町】森林セラピーロード&天狗の森縦走路でスピリチュアル・ハイキングこんにちは。アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。 先日念願の(!)四国カルストのキャンプに出掛けてきたので...
セラピーロードの入り口。日本のセラピーロードの中で一番高所にある
天狗荘の前の道路は遮るものもなく絶景です

16:00 天狗荘でソフトクリーム&おみやげ購入

セラピーロードから帰還したら、暑くなったのでソフトクリームを食べることに。

普通のミルクソフトと、紅茶ソフト、紅茶ミックス(各400円)の3種類があります。

天狗荘の館内は結構にぎわってました。3連休中日の夕方だったのでチェックインする方も多かったです。

このあと向かう「見晴台」は駐車場があるのみなので、お手洗いは天狗荘で済ませておくといいですね。

冬はスノーシューのレンタルもできます(1000円)。雪遊びたのしそう!でもここは高知県ですよ?!
高知県津野町の茶葉を使った紅茶ソフトクリーム。めちゃくちゃ濃厚でした

16:30 見晴台Pで夕陽待ち

17:00 夕日を見ながらお散歩 ※訪れた10月初旬は17:30頃日没

汗も引いてきたのでジャケットをしっかりと着込み、見晴台へ向います。

見晴台の駐車場以外に停めて(つまり路上駐車)写真を撮られれている方も見られましたが、車道の広いスペースは離合場所ですので迷惑になります。やめたほうがいいですね。

見晴台は四国カルスト天狗高原のど真ん中&高台にあるので見晴らしバツグン!

  • 牛がすごく近くまで来てくれます(わたし、何も持ってないのにw)
  • 草をはむ様子も間近で見れます
  • 夕焼けが沈む瞬間も見れます
  • 秋はススキの穂がなびいてきれいです

 

赤く染まった雲と、草原の草が燃えるように赤くなって幻想的です
 

17:30 姫鶴荘テント場に帰還、夕食

テント場に帰ってくると2張くらいしかなかったお昼とは一変、数十組のファミリーや若者たちが焚き火や宴会をしています。

aimi
aimi
やはり四国カルスト、おそるべし!
真ん中は水たまりが多くて人気がなかったですw

21:00 就寝 深夜、星空観測会も?!

私たちもせっかく来たので、お酒を飲みつつもチャチャっと食事を作ることにしました!

お友達はウイスキー、私はワインとストロングゼロ(*‘∀‘)

もう少し寒くなれば「ホットワイン」もいいですよね。お安いものもスパイスを入れることで高級ワインの味わいに?!

炭酸と、そうでないお酒の境目がちょうど「10月」だと個人的に思っていて。

しかし飲みすぎるとトイレが近くなるので今回はやめておきました。※下のサイトはトイレが遠いのです

夜が更けてくると、星空もはっきり見えるようになってきて天の川も肉眼で確認できました。

ミカンは、途中の道の駅で買いました。口直しに最高です!もちろん愛媛県産!
 

2日目

6:00 起床、ご来光を見る ※訪れた10月初旬は6:00頃日の出

朝の5:30、放射冷却の冷え込みで結構寒く感じられました。

外に出てみるとご来光準備の方々がスタンバイされています。

意外と日の出前のほうがいい色に染まり、油断ならないので起きることに!

ガスに飲まれる瞬間もあるので、最後まで分からないのがご来光。その時を待ちます
出てきました!
ご来光に照らされたガスに「ブロッケン現象」を確認!

ブロッケンは10年ほど登山経験のある私でもまったく見たことがなく、お友達と二人興奮しまくってたのはいうまでもありません。

aimi
aimi
すごくラッキーな日でした!!

もちろん、周りのテントの方々はそんなの知る由もないのかご来光見ていましたけれど…

ちなみに四国だと石鎚山、剣山の稜線も出やすい地形のようですよ。

8:00 テント撤収、見晴台Pで雲海を観測

ゆっくりと朝食を食べて元気いっぱいで出発です。

21時に寝ることなんて日常生活であまりないので、キャンプでは寝すぎなくらい睡眠をとれるんですよね。

実際21時以降騒いでいる人はいませんでした。早寝早起き。

そのほうがライトなどの無駄なエネルギーも使わないので合理的ですよね。

野外生活の常識?!

さいごに、昨日訪れた「見晴台」にもう一度行ってみることに。

先日と違って車の数はゼロ。貸し切りのハイキングです♪

雄大なうろこ雲の下を歩きます
THE秋という空です。下には雲海も!

8:30 カフェ「もみの木」【愛媛県西予市】に向け出発

9:00 カフェ「もみの木」開店待機

「見晴らし台」を後にしたらカフェ「もみの木」に出陣です。

もういちど姫鶴荘の前を通過して、西側に30分弱。

今まで見てきた黒い牛さんと違って「ホルスタイン牛」がお出迎えしてくれました(‘ω’)ノ

まるで「写真を撮ってくれ」的にご一家(?!)で並んでいます

9:30 チーズケーキ受付開始、ポニー牧場(¥100)

10:00 念願のとろけるチーズケーキを食べる

詳細は以下の記事にも書いていますが、「もみの木」のチーズケーキは

  • 完全予約制
  • 1人1個まで
  • 持ち帰り不可

 

とハードル高めのデザートです(‘ω’)ノ

予備知識はネットでじゅうぶん集めていたのでwww、余裕を持って出かけることに。

aimi
aimi
なにがなんでも食べる!これのためにカルストに来たといっても過言ではない☆
【愛媛県西予市】「もみの木」で絶品とろとろチーズケーキ&名物ヤギとたわむれるこんにちは。高知県在住アウトドアライターのaimiです。 先日、愛媛と高知の県境にある「四国カルスト」にキャンプをしに行ったのです...

10:30 『雲の上の図書館』【高知県梼原町】に向け出発

11:10 『雲の上の図書館』見学

こちらも以下の記事に書いてあるのでよかったらチェックしてみてくださいね。

建築家・隈研吾(くまけんご)さんが設計した梼原町で6番目の建築物になります。

2018年春にオープンしたばかりで木の香りがプンプン!

キッズスペースも広く、お子さんの人口密度がすごかったです(#^.^#)

大人もこどもも楽しめる施設。

「雲の上の図書館」【高知県梼原町】がスゴイ!他とは違う7つのポイントこんにちは。高知県在住アウトドアライターのaimiです。 先日、2018年5月オープンしたばかりの「雲の上の図書館」<梼原(ゆすは...

12:00 『道の駅布施が坂』【高知県津野町】へ向け出発

12:30 『道の駅布施が坂』で「ししカツみそラーメン」を食べる

梼原町にはあまりランチの場所がないため、事前にチェックしておいた「道の駅布施が坂」へ。

おとなりの津野町にある道の駅ですが、梼原町から15kmくらいしか離れていないのでご安心を。

道の駅自体はこじんまりとした感じなのですが、おいしいラーメンがあると聞いていたのです…!

「ししカツみそラーメン」。

文字通りイノシシの噛み応えのあるお肉が入っていてトウガラシの風味も。体が温まる一品です。お友達にも大評判でした!

ししかつラーメン(880円)。評判通りのうまさ!

 

【高知県津野町】道の駅「布施が坂」で『ししカツみそラーメン』に♡をわしづかみされたの巻こんにちは。高知在住アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。 先日「四国カルスト」からの帰りに、高知県津野町に...

13:30 『雲の上のホテル』【梼原町】で日帰り入浴

少し戻る形にはなりますが、『雲の上のホテル』で温泉に入って帰ることにします。

こちらも建築家・隈研吾さんデザインのホテルでいい雰囲気。

源泉かけ流しで500円はお安すぎやしませんか…?緑に囲まれて気持ちよかったです。

写真を撮り忘れてしまったのでインスタグラムでお許しください…

14:30 帰路につく

意外とひとつひとつのスポット間の距離があり、2日目は車に乗っている時間のほうが長かったのですが景観は最高!

絶好のドライブコースでもありました(‘ω’)ノ

ココロも、おなかも満足ですね。お疲れさまでした!

まとめ:「四国カルスト」エリアはめちゃくちゃ広いのでポイントを絞って観光しよう!

「四国カルスト」とひとことで言ってもとても広いですし、ポイントを絞らないと見切れません。

そして、季節を変えてきてみたいとも思いました。

今回は秋の訪問でしたが、

  • 春→新緑
  • 夏→高山植物が咲き乱れる(ハンカイソウなど)
  • 晩秋→霧氷びっしり
  • 冬→スノーシューを楽しむ

 

と季節によってアクティビティも異なります。

写真家さんや星空愛好家さんが足しげく通う場所だというのもわかりますね!

「天狗荘」では宿泊者さん向けにスターウォッチングツアーを行われていますし、セラピーロードの案内人付きツアーも。面白そうですよね~

 

こちらの1泊モデルコースをぜひ参考にしていただけると幸いです。

以上、『【四国カルストde1泊モデルコース】ココロ震える絶景キャンプ&ハイキング!よくばりプラン教えます』の記事をお送りしました。

【計画時の注意点】四国カルストへの通行可能期間は4月下旬~11月いっぱい

ひとつだけ、四国カルストを計画する際に注意点があります。

例年おおむね4月~11月いっぱい、「カルスト公園縦断線」(姫鶴平~天狗荘の間)が冬季通行止めになります。(期間変動あり)

ほかの道路も状況によっては通行止めになりますので最新情報は「天狗荘」の公式ホームページかfacebookをごらん下さい。

降るときはむちゃくちゃ降りますのでご注意を!

四国カルスト周辺観光にはこちらの本がオススメ

もし四国カルストに行かれる計画があるなら、1冊大きい地図を入手しておくといいかもしれません。

四国カルストは電波が通じる場所が限られています。

 

【2018西日本豪雨復興支援割引がうけられる!ふっこう割のホテルを予約するなら…】

「じゃらん」西日本応援クーポンはこちらから

≫「楽天トラベル」の予約はこちらから

≫「るるぶ」での予約はこちらから

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。