移住3年目の私がオススメする高知県のふるさと納税品はこちらから♪
              

【高知県津野町/愛媛県久万高原町】森林セラピーロード&天狗の森縦走路でスピリチュアル・ハイキング

こんにちは。アウトドアライターのaimi(@aiaiminini)です。

先日念願の(!)四国カルストのキャンプに出掛けてきたのですが、のぼれる山がありハイキングもしっかりとしてきました。

「天空の爽回廊・四国カルスト天狗高原森林セラピーロード」(ちょっと名前が長い…ww)です。

 

「四国カルスト天狗高原森林セラピーロード」とは

全国に30数か所ある「森林セラピー基地」の中で、標高が1,300mという全国で最も高い場所に位置しているのが、高知県津野町にある「天空の爽回廊・四国カルスト天狗高原森林セラピーロード」です。

日本三大カルストの一つ「四国カルスト天狗高原」に建つ「天狗荘」を拠点にした3コース(天狗ヒメシャラ・引き割りロード、天狗の森ロード、カルスト高原展望ロード)があります。

ここでは、いかに自分自身が自然の中に溶込めるか、自分で「感じる」ことが出来るか、が大事なのです。ウォーキングやトレッキングなど長距離を歩くことが目的ではありません。あくまでも自分のペースで歩くこと。一歩すすむたびに植物の種類も変わってきます。木の種類も変わります。新しい表情が見える、その一歩を自分のペースで楽しんで下さい。

~NPO法人森林セラピーソサエティHPより引用

スタート地・高知県津野町にある「天狗荘」では「セラピーロード案内人」によるツアーが行われています。

aimi
aimi
1グループ(10人まで)5,000円~だそうです!

館内には血圧を図る機器なども置いてあり、まさに健康に気をつけなくちゃと思わされる…道なのであります。

 

ふだん、山に親しんでいる私でもなんとなく気持ちがいいな~というだけでいつも終わってしまい…「血圧」や「ストレス数値」レベルでは測ったことがないんですよね。

こちら「森林セラピーロード」では、そんな「客観的な数値」をもとに、自分の健康具合を見れるプログラムが準備されています。

今回のコース

天狗荘→瀬戸見の森→天狗の森→姫百合平→黒滝山→大引割・小引割→セラピーロード→天狗荘 約8.3km 、4時間半

半日のコースです。

私たちは天狗荘から車で15分の「姫鶴平(めづるだいら)」でキャンプをしようと目論んでいたので、先にテントを張ってからきました。というのも…

aimi
aimi
テントをいいところに張りたいなら早い者勝ち!

だからです。

実際、このハイキングを終えてテントの場所に戻るとびっしりとテントが!!

夏シーズンならもっと多いと思うので、いい場所をとるならお早めにどうぞ。

森林セラピーロード&天狗の森縦走路でスピリチュアル・ハイキング

天狗荘→瀬戸見の森→天狗の森→姫百合平

天狗荘には大きな駐車場とお手洗いがあります。

セラピーロード&縦走路ともにトイレはありませんので、必ず行っておきましょう。

駐車場
セラピーロードの入り口
大引割・小引割の説明があります
ウッドチップが引いてあり、足に負担がかからないようになっています。(セラピーロード入り口のほうだけですが)
晩秋のシシウド。花火みたいでしょ?
この説明の3分の1くらいは見れました。

 

縦走路

瀬戸見の森には展望台っぽいものもあったけれど、木々がもっさりかぶってしまって展望ほぼなし。

やすむことなく先に進みます。こちらはセラピーロードではないですから…(苦笑)

ハガクレツリフネ
マムシグサの実
仁淀川町の鳥形山です。真っ白。現在進行形で石灰を採掘しています
カルストと青空
アケボノソウ。小さくて可憐で好きな花です
名前不明
スポンサーリンク

姫百合平→黒滝山→大引割・小引割

四国カルスト内で一番高い場所・「姫百合平」は開けているところを想像していたのですがそんなことはなく、やすむスペースもなかったのでどんどん進みます(笑)

もしかしたら、昔は開けていたのかも?

黒滝山も眺望なし(涙)

黒滝山
黒滝山の三角点△
黄葉も始まってきれいです。まだまだ動くと暑いですが…

 

ヒメシャラ並木
突如現るヒメシャラロード。100本もあるなんてとっても珍しい!
ヒメシャラは暑い夏、触るとひんやりするので好きです。確かに硬そうですよね。

 

ひたすら登ったら、今度は激下りです。

ナ、ナント!大引割・小引割って標高1,100mなんですって?!

帰りが登りになるのですか!!(よく調べてこなかったので自業自得ですww)

このあたりに来るとハイカーが少なくなってきました。

大引割の手前で引き返す人が多いのかもしれませんね…納得です。

びっしりキノコ

大引割・小引割で大地の鼓動を感じる

本日の縦走の折り返し地点でもある大引割・小引割に到着。

大引割とは、標高1,100mの山頂に出現した巨大な岩の裂け目。原生林の崖っぷちに立つと、長さ60~70m、最深で40mもの亀裂が口を開けているのです。

回り込めば正面方向から見えますが、底へは降りられません。 近くには小引割もあります。国の天然記念物に指定されており、亀裂が埋まらずに残っている、全国でもまれな場所。~仁淀川町ホームページより引用

セラピーロードの入り口にある説明を読んでみてもピンときませんでした。

aimi
aimi
見てみるしかないでしょう!
大引割
雰囲気がただならぬといった感じ
これ以上前に出ると滑落の危険!大地の裂け目は40mの深さがあります
オーラが出ているように感じます
小引割
こちらも規模は小さいながらも足元注意、ただならぬ雰囲気です

大引割・小引割→セラピーロード→天狗荘

折り返しということで小休止。予想より時間がかかりました。

往路につかった縦走路はアップダウンありで2時間半もかかりましたが、帰路はセラピーロード経由=足にやさしいルートをとるので文字通り癒されるはず?!

セラピーロード
ジンジソウ
どんぐりの双子です
山アケビ。すごく目立つ色で、バナナみたいに鈴なりになっていました。おいしそうに見えない…
大引き割から2kmほどは登りでしたが、あとはほぼ平坦です。
引割ロードという名に変わったのか???いろいろな呼び名があってわからない…
天狗荘から1kmくらいのところにキレンゲショウマの群生地があり。盗掘があったのでしょうか。ロープも張られ保護されています。

ウッドチップの平坦すぎる道に癒されてゴール!お疲れさまでした!

aimi
aimi
意外とアップダウンがあってきつかったです…!

そして、登山靴で来てよかったと感じました。

また前日の雨で足元が濡れていて、岩場を通過する場所もあったのですべりやすかったです。

落ち葉に足が持っていかれたりすることもあったので、スニーカー以上の動きやすい靴で来るのがおすすめです。

キャンプに来たからと言ってサンダルで登るのはやめましょう

セラピーの〆は「天狗荘」の紅茶ソフトで

駐車場に戻ってきたら、ぜひ「天狗荘」に寄り道してください。

ハンドメイドのおしゃれなアクセサリーの販売や、お土産コーナーもありますよ。

また、「紅茶ソフト」も美味です!

この日は午後のほうが晴れたので、夕方には朝方まったく見えなかった遠くの山々までみることができました
天狗荘の窓からの景色を見ながら食べることができます
津野町の名産はお茶!粒つぶがおいしかったです。紅茶ソフト400円

 

まとめ:意外と歩きますよ!スピリチュアルな場所は苦労ナシでは行けないのです!

今回歩いた、

  • 前半…「天狗の森縦走路」
  • 後半…「森林セラピーロード」

 

は思いっきり対照的で面白かったです。

とくに「天狗の森縦走路」は稜線歩きをなかなかさせてくれない&ゴールは激下りと、どS登山になりますので覚悟のうえ、お越しくださいね(笑)

ただただ癒されたい人は「セラピーロード」の往復でOKでしょう!

とはいえ、緑はいっぱいありますのでどなたにとっても気持ちのいい道に違いありません

aimi
aimi
ぜひ、遊びに行ってみてくださいね!

以上、「森林セラピーロード&天狗の森縦走路でスピリチュアル・ハイキング」の記事をお送りしました。

 

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高26,000PV達成)の収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。高知のおいしい食べ物と日本酒が好き。