【高知県越知町】満天の星空に包まれた!「本村キャンプ場」徹底レビュー

こんにちは。高知県在住アウトドアライターのaimiと申します。

私の家は高知県佐川町なのですが、先日関西から友人が来たのでおとなり越知町の「本村キャンプ場」にお邪魔してきました。

aimi
aimi
「何もない」を楽しむ!

には十分すぎるキャンプ場でしたのでご紹介していきます。

このロケーションで無料は、驚きをかくせません?!

「本村キャンプ場」はこんな人にオススメ

  • キャンプ上級者
  • 虫が大丈夫な人

 

…これに尽きますね(笑)

すべて自分で完結できる人のみ、オススメです。

「本村キャンプ場」の設備チェック

簡易トイレ2基

 

さいきん設置されたようで新しいです。もう一つは古いのでこちらを推奨
このカンバンがキャンプ場(河原)の入り口にあります。
スポンサーリンク

水道(炊事場はなし)2基

 

ワイルドな水道が2基あります。

石鹸や洗剤は使わないようにしましょう。清流仁淀川に流れてしまいます。

私はウエットティッシュで油などをふき取り持ち帰るようにしています。

 

ただの水道ですので、汚水は流さないようにしましょう。

 

駐車場

全部が駐車場…と言いたいところですが、河原に降りるのは4駆やオフロード車にとどめておいたほうがよさそうです。

なかなかのハードな道なので、ハマってしまっては後の祭り。

水道やトイレのある場所の前に、アスファルト(or芝生)の広い場所がありますのでそちらに停めたほうがいいですね。

話は脱線しますが(笑)、「どこもかしこも駐車場」という曲があって大好きです。…というか森山直太朗が好きです。

 

テントサイト

テントサイトも同様、「河原全体」がキャンプ場なのでどこで張っても大丈夫です。

私たちは石の上が痛そうなので芝生に張りました。

ただし、以下の理由で川スレスレには張らないほうがいいです。

テントを張る際の注意点…ダムの放流を見越すこと

テントを張る際、ひとつだけ注意点があります。

9キロ上流にはダムがあるので、川スレスレには張らないようにしましょう。

「あっという間に増水する」という注意喚起カンバンがあります。

放流の際はサイレンが鳴るようなので、イヤホンや大音量の音楽を流すのはやめたほうが無難です。

わからないままだと事故にあう可能性があります。

※キャンプ場では静かに過ごしましょう

川遊びの注意点…遠浅なので必ずライフジャケットを着ること

「本村キャンプ場」は仁淀川の目の前にあります。

が、たいへん深いです!

夏は水遊び目的の家族連れでにぎわうのですが、高知県では水難事故が多発しています。

2016年7月18日午後3時半ごろ、同県いの町波川の仁淀川で、高知工科大3年生の豊田桂太郎さん(20)=同県香美市土佐山田町楠目=が、友人2人と対岸まで泳いでいる途中、姿が見えなくなった。付近の人が119番通報し、県警土佐署員らが捜索。約3時間後、約10メートル下流の川底で発見、死亡が確認された。川幅は約30メートル、深いところで水深約10メートルあるという。

ライフジャケットをかならず着用して遊びましょう。

高いものではありませんから、ひとつ買っておくと安心ですよ。

▼大人用▼3,000円程度~

▼子供用▼2,000円程度~

ラフティングツアーの出発地点のようです。なるほど、深いわけです…

大人の楽しみ、寝そべり&ほろ酔い星空観賞会

「本村キャンプ場」はたくさんの制限もございますが、キャンプはしっかり楽しみましたよ~

前日の大雨が空気中のちりを流してくれました。

そんな自然のごほうびが「星空」です。

地面にマットを敷いて、寝転がりながら★とビールを楽しみました!

aimi
aimi

マットはひとつ持っているととても便利です。

テントの中でも使えますし、朝ヨガにも使えますよ~

夜は騒ぐ人もおらず、皆さん21時にはお休みになっていたようです。

ちなみにこちらのキャンプ場、橋の街灯がついているため24時間真っ暗にはなりません。ありがたいですね。

翌日、朝日のパワーを感じながらコーヒーを

9月の仁淀川はそこまで冷え込むこともなく、ぐっすり寝ることができました。

翌朝は6時起床!

日の出時刻を過ぎましたが、まだ日が昇ってきません。

aimi
aimi
さすが山間部!

山間部と言っても、スーパーまで10分あれば行けますのでとっても便利なんですけどね^^

ゆっくりとコーヒーを堪能し、川岸を散歩してチェックアウトしました。

朝日が差し込みだす瞬間。いっきに暑くなります

まとめ:「何もない」を楽しめる、キャンプ上級者が集うのが「本村キャンプ場」

9月の3連休に訪れたのですが、利用者は我々含め4組のみ。

とっても静かでリラックスした気分を味わえました。

これで無料とは、おそるべしです。

以上、『【高知県越知町】満天の星空に包まれた!「本村キャンプ場」徹底レビュー』の記事をお送りしました。

「本村キャンプ場」のアクセス

【住所】高知県高岡郡越知町横畠本村

【料金】無料

【最寄りのスーパー】サンプラザ越知店、ローソン越知店

【最寄りの温泉】吾北むささび温泉

【ソロキャンプ向き度】★★★満点!

【キャンプ難易度】★★★上級者向け

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。