キャンプ

【女子ソロキャンプの知識】キャンプ場の選び方教えます!

こんにちは。高知県在住アウトドアライターのaimiと申します。

わたしは登山が趣味というのもあり、よくキャンプをします。

みんなでワイワイとするキャンプももちろん好きですが、「ソロキャンプ」はまた違った面白さがあるんですよ。

 

あわせて読みたい
おやまソロキャンプは寂しくない!メリット&デメリットも紹介するよ。こんにちは!一人旅大好きのaimiです。 わたしは登山を始めてから、山小屋の隣などで「キャンプ指定地」という場所で「山でテントを張...

 

ここでは女子がソロキャンプに行く際、どのようなキャンプ場を選べばいいのか?ということを書いていきます。

【女子ソロキャンプの知識】キャンプ場の選び方教えます!

1人or1張当たりの料金のところを選ぶ

 

まず、キャンプ場を調べるときに気になるのは「料金」。

設備が整ったオートキャンプ場であればあるほど、「高く」なります。

オートキャンプ場とは…

  • テントサイトにクルマで乗り入れできる
  • 荷物を移動する手間がない

キャンプ場のこと。

aimi
aimi
不便なところに水道や電気が通っているということは、とにかくお金がかかっていることを理解してください!

 

そのことを頭に入れていざキャンプ場のホームページを見ていると…

 

例①:高規格オートキャンプ場の場合

スノーピークおち【高知県越知町】

1サイト6名まで/車1台/テント1張/タープ(シェルター)1張 4,320円

つまり、スノーピークおちでソロキャンプをしたら4,320円かかるってことです。

aimi
aimi
「6人でも1人でも行っても同額」はちょっと損した気分になりますよね?!

 

…ということを踏まえると、1人で入れるキャンプ場はすこし限られてきます。

例②)シンプルなキャンプ場の場合

奥祖谷かずら橋キャンプ場【徳島県三好市】

1人当たりの料金 大人:500円 、小人:300円

例②の場合は人数あたりでの計算になるので、ソロキャンプなら500円ですることができます。安いですね!

ソロキャンプをする場合は、このようなシンプルな設備のキャンプ場がオススメです。

 

 

ファミリーが押し寄せるような「オートキャンプ場」を避ける

 

ソロキャンプの敵は、「にぎやかなキャンプ場」です。

aimi
aimi
ひとりで静かにくつろぎたいのに、ワイワイ楽しそうなファミリーが隣に来たらイヤでしょう?

さみしく感じますし、本来の目的も果たすことができません。

行ってみないとわからないのがソロキャンプの楽しみでもあるのですが、極力「キャンプ場の雰囲気」をつかむためにも「なっぷ」「じゃらん」のレビューくらいは見ておくようにしましょう。

 

 

夫
でも女性ひとりなら人気がなさすぎるところも気を付けて!

バランスは難しいですが、早めにキャンプ地について「あ、ここちょっと違うな」と思ったら移動する勇気も持ちましょう。

 

日にち・季節を選ぶ(混雑する日に行かない)

 

ソロキャンプするときは「大型連休」「夏休み」を避けたほうがイイでしょう。

それは「ファミリーが多い」という理由のほかに、「ウェイウェイ系」の人も多いのが事実。

夜、花火をされた日には…もう寝れませんよw

注意したらトラブルのもとにもなりかねません。

 

夜、見回りのあるキャンプ場もありますが低料金のキャンプ場を選んだわけですからそういったサービスは見込めない可能性が高いです。

ソロキャンプを楽しむには「日を選んでいくこと」。

じつはこれが一番重要になってきます。

個人的には冬キャンプが結構好きです。

変態かと思うかもしれませんが、12月31日に泊まり初日の出を見たのが結構印象に残ってますね~。

空気が澄んでいて星もきれいですし、空いていますよ~。

 

まとめ:女子ソロキャンプの場所選びはめちゃくちゃ重要!

ここでいちどまとめましょう。

  •  1人or1張当たりの料金のところを選ぶ
  •  ファミリーが押し寄せるような「オートキャンプ場」を避ける
  •  日にち・季節を選ぶ(混雑する日に行かない)

 

この3つさえおさえていれば、めちゃくちゃ快適な「女子ソロキャンプ」をできること間違いなしです!

関東に住んでいた時は本栖湖キャンプ場(山梨県)や3時間林道歩きの果てにある、三条の湯(山梨県)には結構行っていましたね~

四国に来てもソロキャンプはしていて、奥祖谷かずら橋キャンプ場(徳島県)はとても良かったですよ。

いずれもめちゃくちゃソロキャンプ向きでしたので見る目はあるのかな、と自負しているところですw

あわせて読みたい
橋から落ちたらたどり着けない!「奥祖谷二重かずら橋キャンプ場」【徳島県三好市】レビューこんにちは。アウトドアライターのaimiです。 先日、徳島県三好市に登山に行ってきたのですが、前泊するために夕方に現地入りしソロキ...

 

女子ソロキャンプのバイブルはコレ!

ゆるキャン△

 

皆さん、もうご存知かもしれませんが、、、「ゆるキャン△」をご紹介したいです。

山梨県周辺を舞台に、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力とそれを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描くアニメです。

 

ゆるキャン△の聖地巡りもはやっているようで…有名すぎるのは山梨県の「ふもとっぱらキャンプ場」や「ほったらかし温泉」ですかね~

もともと有名ですがもっと有名になり混雑しているようです。

 

空いているときに行っておいてよかったな~と胸をなでおろしているところ。

すごく富士山が大きく見えて立地がいいところですのでオススメです。

山と食欲と私

 

もうひとつ外せないのが「山と食欲と私」。

「山ガール」と呼ばれることを嫌い、単独登山女子を自称するヒロイン・日々野鮎美(27歳、会社員)が、登山をして山頂で食事をするというめちゃくちゃ単純なストーリーなんですが…。

 

その辺のレシピ本を読むよりもおいしそうな料理がたくさん登場しまくり。

「キャンプめし」「山めし」に重点を置いた漫画で、私もよくレシピを参考にさせていただいています。

 

なかでも「ポンかす丼」はカンタンでめちゃくちゃ旨い!

山仲間の間でもちょっとしたブームになったレシピでありますw


以上、『【女子ソロキャンプの知識】キャンプ場の選び方教えます!』の記事をお送りしました。

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。