高知県

【高知県土佐市】ちょっと難しい?!「出間のひまわり」のクルマでの行き方!

こんにちは!aimiです。

先日、高知県土佐市出間(いずま)のひまわり畑に行ってきました。

土佐市では、2種類のひまわりがあり、「夏」(6月下旬~7月上旬)「秋」(10月下旬)と2回楽しませてくれます。

今回は「夏」バージョンの畑にお邪魔しました。めちゃくちゃ規模が大きいです。

約90アールの畑が約10万本のヒマワリで黄金色に染まり、カップルや家族連れらを楽しませてます。

近くの農業、松本都一さん(66)が、ヒマワリをネギ栽培の緑肥にしようと、2001年に試しに植えその後、景観が評判になり、毎年3月下旬ごろに種をまいているのだそう。

 

今回、「出間のひまわり畑」までのクルマでの行き方が少し複雑だったので、詳しく記事にすることにします。

出間のひまわりのクルマでの行き方!

①北側【土佐インター側】から来る場合

マルナカ土佐店(北側)から南へ進み、蓮池公園を右手に見て、直進すると「ひまわり」ののぼり旗が見えてきます。(下の図の①)

ひまわり畑の直前に「橋」があるので、橋を渡り左側が駐車場です。

土日は人が立って整理しています。少し道が狭いためご注意ください。

②南側【波介郵便局側】から来る場合

蓮池公園によらない場合は、南(波介郵便局側)から来るほうがいいでしょう。道が広いです。

県道287号から直接ひまわり畑には入れません。1本西側の②の場所から北上し、回り込んで駐車場に入る形になっています。

波介川にかかる橋の上から撮影

 

 

お帰りは北に抜けるほうがスムーズ

ひまわり畑の西側(Aの道)は一方通行になっています。

北側から来ても、南側から来ても、お帰りはAを通り北に抜けるのがスムーズです。

ちょっとわかりづらいと感じたので記事にさせていただきました。

ひとりがマナーを守らないと、さらに渋滞を引き起こしたり、事故のもとになります。

土日・見ごろの混雑期を外せば、こういった規制もないと思いますが、天気のいい土日に行かれる場合は、一方通行がありますので、ご注意を!

おまけ:近くに蓮池公園のハスもあるよ!

6月中旬ならまだハスも見ごろ!両方行くならまず「蓮池公園」を目指そう

もしも、「蓮池公園」と「ひまわり」を両方見たいと思っている方がいらっしゃったら注意点があります。

aimi
aimi
ハスは午前中しか咲かないよ

・・・ということで「出間のひまわり」よりも先に「蓮池公園」を目指しましょう。

マルナカ土佐店(スーパー)から1kmくらいです。

この記事を見ているあなたが、まだ6月の初旬なら、ぜひ蓮池公園のハスも見てほしいです。とってもきれいですよ。

【追記】ちなみに高知県北川村の「モネの家」も同様、ハス(睡蓮)の開花時間に注意です(笑)!

以上、「【高知県土佐市】ちょっと難しい?!出間のひまわりのクルマでの行き方!」の記事をお送りしました。

 

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。