ロードバイク

ロードバイクは室内保管しなければならない4つの理由

こんにちは!aimiです。

最近気づいたことがあります。

私の乗っているロードバイクのフレームの白塗装の部分が黄ばんでいること。

写真ではわかりづらいですが、購入して3年目。確かに黄ばんでいます。

 

調べてみると、「経年劣化」という現象のようです。

ロードバイクって屋外で使う前提の乗り物なのに実は、そういうことに配慮されていないんです(悲)

ほかにも、室内保管しなければいけない理由があるのでお伝えしていきます。

ロードバイクは室内保管しなければならない4つの理由

盗難防止

以前記事にもしたことがあるのですが、ロードバイクは入門車で最低でも15万円~20万円。

安いものではありません。入門でなければそれ以上。

東京や大阪などの都心ではロードバイクに特化した窃盗団なんて言うのもあるらしく恐ろしいことです。

20万円もするものをたとえカギをしていたとしても、人目に触れるところに置くのは…「盗んでくれ」と言っているのも同じです。やめましょう。

フレームの紫外線対策

自転車は屋外で乗る前提なのになんで?と思う方もいるかもしれません。私もそうでした。

一般的にサイクリストに人気のある「カーボン」のほうが影響が大きいと言われていますが、塗っている塗料にも問題がある場合があるようです。

私の場合、カーボンでなくアルミフレームなので。

ちなみに車も「白」だと黄ばみが出てきますよね。その現象と同じです。

アルミ

…クロスバイクやロードバイクにも使用されているポピュラーな素材。

カーボン素材

…炭素繊維と強化プラスチックを熱処理することで、炭化・ガラス化させた素材。非常に軽量かつ強度が高いのでレースなどでも使用されています。

チェーンの汚れを防ぐ

ママチャリとスポーツバイクのチェーンの構造で決定的に違うのは「カバー」がついているか否かです。

スポーツバイクは軽量化のためチェーンがむき出しになっています。

200kmに1回くらい、チェーンに注油が必須なのですが、その注油をしたらすぐにホコリを寄せ付けてしまうのです。

空気中にはたとえ屋内だったとしても、様々なホコリが飛んでいます。

その汚れを寄せ付けるということは、スプロケット(チェーンのかみ合う歯車)に動力が伝わりにくくなるということで、漕ぎやすさ、早さに影響が出てきます。

それが屋外だったら…?清掃の頻度も増え、

otto
otto
う~~ん
aimi
aimi
自転車乗りとしてはチョットどうかと思うなぁ

そもそもロードバイクを大切にしようって思いがないんじゃ?と個人的に思ってしまいます。

ロードバイクの速さは、洗車するとカバーできるのですよ。~チェーン清掃編

https://aimisuna.com/2017/03/07/post-30/

サビを防ぐ

ロードバイクで旅をしたり、ロングライドに出かけると突然の雨に襲われることがあります。

その翌日にはよく乾かし、できれば分解して洗浄してあげたいものですが、なかなかそうはいかないですよね。

やはり、私の愛車もネジや部分部分にサビが見られるようになってきました。

雨のあと乾かしたり拭いたりして気を付けていても、スキマに入り込んだものが残っていたりすると酸素と反応しサビてしまうのです。

屋内保管でもこういうレベルです。

屋外保管は…?想像するだけで恐ろしいです。

我が家のロードバイク保管状況

まとめ:ロードバイクは室内保管しなければならない、切実に。

いかがでしたでしょうか?

もしも「ロードバイクが欲しいけれど室内保管する場所がないよ」という方は少し考えていただきたいです。

これから長く乗らせてもらう相棒。大事にしたいですよね!

室内保管できない方向けのサービス

東京都内のロードバイク乗り向け駐輪場

東京には有人管理・保管していただける月極駐輪場があります。

皇居の横にある「日比谷ライド」に行ったことがありますが、清潔でシャワールームなどもあり、仕事のあとのサイクリングにもオススメです。

さいきんランの施設と合体したようですね。気分でランとサイクリングを使い分ける贅沢もできそう?!

セキュリティの高い駐輪場を選ぼう 東京都内のロードバイク乗り向け駐輪場

https://jitensha-hoken.jp/blog/2017/03/roadbike-station/#i-3

レンタルスペース

地方でもレンタルスペースも充実してきましたね。

たとえば全国展開しているレンタルルーム、「ハローストレージ」。

web申し込みは3分で終了、カギを郵送してもらい、すぐに保管が開始できます。

お値段も2500円~(東京都の場合)とハードル低めですね。

場所がない…賢く収納!
24H出し入れ自由
「ハローストレージ」

こんどロードバイクの車検と言われる「オーバーホール」をショップで受けてみる予定ですが、予算や場所、1週間乗れなくなるなどの関係ですぐにはいけません。

普段のお手入れや保管がモノを言うのがロードバイクです。

安全面から考えてもサビ、汚れはロードバイクの劣化のもとになります。

これからロードバイクご購入の方は、屋内保管先を見つけてからのロードバイク購入を強くオススメしますよ!

以上、「ロードバイクは室内保管しなければならない4つの理由」の記事をお送りしました。

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^