徳島県

お酒飲めなくても満喫!「四国酒祭り」と同時開催イベントを紹介します

こんにちは!aimiです。

2018年2月24日(土)、四国最大の酒の祭典、「四国酒祭り」に行ってきました。

2017年の四国酒祭りは後半の記憶があいまいというトラブルがあったのですがw、2018年はきちんと計画的に「酒祭り」以外も楽しむことに成功したのでそのコツとポイントをご案内します!

【参考記事】

「四国酒祭り」と同時開催されているイベント

実は、「四国酒祭り」は会場に入ると入場料(1800円)がかかりますが、入らなければ同時開催のイベントがすべて無料で楽しめます。

JR阿波池田駅や阿波池田バスターミナル、地酒試飲会場、地元酒蔵、歴史資料館、各種協賛イベント会場が半径250m中にコンパクトに集積しています。どこか懐かしい町並みを散策してみてはいかがでしょう。

私たちの訪れたのは以下の3つのイベント。

  1. 今小町、三芳菊(みよしぎく)、芳水の3蔵開放 11:00から15:00
  2. 本場の鳴門「新」わかめPR 10:00から配布終了まで
  3. うだつマルシェ 10:00から16:30

すべて午前中に回りました。

というのもこれらのイベントは「四国酒祭り」の入場前にいかないと、いい商品がなくなると思ったからです。その予感は的中しました。「四国酒祭り」は一度入ったら再入場は不可ですので・・・・。

「四国酒祭り」は四国じゅうの酒蔵が自慢のお酒を持ち寄る祭典ですが、昨年16時頃までいた限りは「お酒がすぐなくなる」ということはなかったからです。

見る順番は1→2→3にしました。これも計画に織り込み済み。

特に酒造開放はレアなイベントということで1番に持ってくることに。開場前から1時間並ぶことになりましたがw

着いてすぐ、道端のすごいから揚げの量に圧倒されました

 

今小町、三芳菊(みよしぎく)、芳水の3蔵開放

日本酒好きな関東の友人を連れて行ったのですが、特に「三芳菊」は生産者が若手というのもあり人気のあるお酒で、勢いがあるとのこと。

3蔵は見切れないので今回は1蔵のみの見学に絞りました。

『四国の中央に位置する阿波池田は、日本三大河川のひとつ吉野川の上流で、北は阿讃の山波、南は剣山山系四国山脈の連峰にいだかれた、酒造りに最適の寒冷地であります。「三芳菊」はこの山田錦を中心とした徳島県産米を原料として一本一本手造りで造っております。
仕込水は、秘境祖谷の吉野川伏流水松尾川の湧水を使用しています。この清水は岩場から流れ出る地元名水として知られ、水の性質としましては超軟水になります。この超軟水の性質をうまく使いまして、きれいではあるが、水と米の旨みのある酒を醸しております。
平成十三酒造年度(13BY)より少量ですが、若き蔵元馬宮さんが自らの手で納得いく酒を求め造り始めました。』

~三芳菊HPより引用

社長の蔵元馬宮さんの3人娘さんも仕込みのお手伝いをなさっているということで、「3姉妹のお酒」とも言われています。

当日は3姉妹さんも店頭にいらっしゃってお酒をアピール!

【参考記事】

やはり、パッケージを見て「新しい」「若い」イメージを持つ方も多いのかもしれません。

アニメ調のラベルがなんともかわいらしい!なのにほとんど辛口というツンデレがなんともいえない。ほとんどのラベルがこのパターン。

あまりにも試飲に辛口ばかり並んでいるから「もっと甘いのはないの?」ってスタッフさんに聞いて困らせているお客さんもw。

それだけ「攻め」の体制で運営されていることがわかります・・・・!

ワンカップもすべてアニメのラベルです。お土産に喜ばれる一品
カラーもピンクなど、ラベルになさそうな派手な色をふんだんに使っている
キャラクターグッズまで売っていた!
パンフレットの表紙も3姉妹が笑顔で写っています
この列に並びました。すごい人気・・・入場制限をして、ゆっくり試飲して選べるようになっています。
酒粕はできたての生の酒粕。めちゃめちゃいい香りです。もちろん買いました。
暖かい甘酒の試飲もやっていました。めちゃくちゃ温まる。

お酒以外だと、酒粕を使ったベーグル、お菓子、奈良漬、酒の酵母を使ったパン。

どれも試食させていただきましたが、ふわふわでおいしく、すごい勢いで売れていましたよ。行かれる際はお早めに。

本場の鳴門「新」わかめPR

開催していた徳島県阿波池田は「四国のへそ」といわれ、徳島市や鳴門市からは約100km離れているんですよね。むしろ香川県の高松市のほうが近いくらいw

でも、鳴門も絶好のPRの機会ということで、朝どれのわかめを試食させてくれるイベントをやっていました。

鳴門市のハッピを着ている方が結構な量のわかめを食べさせてくれます。

avatar
こんな色のわかめは見たことがない!緑色をしている!

さっとゆでただけというわかめなのですが、ほのかに塩の香りがする逸品。

「スダチ果汁」or「お酢」をかけていただきました。

かみごたえも十分。めちゃくちゃおいしい。スダチはとくにさっぱりいただけます。

その隣で結構な量が入った生わかめが「500円」販売されていたので、友人は速攻買ってましたwしばらくお味噌汁の具には困らなさそう!

うだつマルシェ

「うだつマルシェ」は72もの店舗がそろう、このエリア最大級のマルシェです。

パンおやつゾーン、三好のたべものゾーン、Zakkaゾーンに分かれています。マップも広大!

敷地内で大道芸、ブレイクダンスなどのイベントも行われています。

無農薬の農家さんも何店舗か出店。高知ではおなじみですが、関東の友人はとても喜んでました
陶器市。おしゃれなものばかりで目移りします
レンコンナゲットカレー味。めちゃくちゃしゃきしゃきしておいしい。三好市はレンコンの産地なのでしょうか?レンコン○○が結構ありました
多肉植物がかわいく並んでいる。
タイラーメンに並ぶ。
パクチーもしっかり乗っていて、だしがめちゃくちゃこだわっているよう。昆布、鶏がらなどすべて徳島産。
徳島市のコーヒーショップの出店。豆から引いてくれました^^すごい豆が膨らんで、歓声が上がる。「こんなに膨らむのはじめてみた」と友人が絶賛。豆もご購入
絶対豆から引くほうがおいしいということを力説していただく。そうだよねえ・・・なかなか散らかったりしてできないんですよね。

まとめ:「四国酒祭り」は会場に入らなくても、飲んだり食べたり楽しめる!

「四国酒祭り」の開場は朝10時からですが、

avatar
すきっ腹で飲むと酔うし・・・・
会場内は飲食禁止なので、おなかを膨らませてから向かうとイイよね
avatar

という感じで、今回は計画的に3つのブースを回ってみました。

特に

  • 日本酒が飲めない方
  • ドライバーの方
  • 小さなお子様連れ

にはとっても助かるイベントなのではないでしょうか。

もちろん、お酒も飲みたいよという方も、マルシェ内でビールなどの販売もありますので、「雰囲気だけでも酒祭り」!

とくに「うだつマルシェ」は毎年、『四国酒祭り』と同時開催していますのでぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

こちらだけでも来る価値がありますよ。昨年同じゲストハウスに泊まられていた方は「酒祭りには行かずこちらだけ楽しんだ」とおっしゃっていました。

こちらめちゃくちゃおいしかったです。というか酒祭りの前に飲んでいる一行。どんだけ酒好きなんだw

以上、『お酒飲めなくても満喫!「四国酒祭り」と同時開催イベントを紹介します』の記事をお送りしました。

今回酒造開放されていた『三芳菊』の製品はこちら

今回ご紹介させていただいた「三芳菊」の『残骸』はこちら。

奈良漬けの販売もありました!ご飯のおともにどうぞ!

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高8,500PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 ほかにアフィリエイト特化サイトも運営開始!