【自転車deしまなみ海道】「しまなみ」のイイトコ取り『大島』の3つの見どころご紹介!

こんにちは!

先日の自転車de瀬戸内旅の続きのレポートです。

しまなみ海道の全線制覇は雪に阻まれ、今回は中止に。

尾道~大島間はバスでショートカットしてきたのですが、「大島」だけでもしまなみのいいところが詰まっていたのでご紹介します。

 

blogcard url=”https://aimisuna.com/2018/01/30/post-8332/

「大島」って?

大島(おおしま)は、愛媛県に属する面積41.89km2(国土地理院による)の島。

島の北東部の宮窪地域には瀬戸内海を舞台に活躍した能島村上水軍の本拠地があったとされ、水軍の遺跡や伝説も多く残っている。

以下の地図でもわかると思うのですが、愛媛県今治側からだと「しまなみ海道」の中で一番近い島です。

そして、大島に来るには

しまなみ海道の中で一番長い橋「来島海峡大橋」が渡れる、というだけでも結構お得なルートと思いませんか?

shimapより引用

大島の3つの見どころ

道の駅「よしうみいきいき館」

こちらはお手洗い休憩で立ち寄った場所。

大島から来てしばらくコンビニなどもなかったので、ここで何かすぐ食べられるものがあればと思いましたが平日・朝のためか何も出ていない様子。休日には「じゃこ天」が出店したりしているようです。残念!

レストランでは新鮮なエビやお魚を炭火焼で食べられるということで、いけすにはたくさんのお魚が泳いでいました(泣)

・・・でもこちらは絶景なんです!

今から渡る「来島海峡大橋」が一望できちゃいます!

めちゃくちゃ長い!果てが見えない!w
愛媛県のゆるキャラ、みきゃんが自転車に乗っています。
スポンサーリンク

来島海峡大橋

【ポイント】

  • しまなみ海道の中で一番長い橋
  • 高低差も一番
  • 今治側から一番近い橋

来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋の総称。本州四国連絡橋の尾道・今治ルートを構成する橋の1つ。

3つの長大橋梁により構成された世界初の3連吊り橋であり、全長は4105mである。中央が西瀬戸自動車道(しまなみ海道)で北側に自転車歩行者道、南側にバイク道を併設している。

~wikipediaより引用

「来島海峡大橋」(くるしまかいきょう おおはし)は、今治側からだと一番近い橋になります。

しかも3つの橋が合体したものでなんと全長4km!

連結部分も走っている際に見ることが出来ます。

さらに、高低差も一番あるのです。走りがいがありますね。

この日はあいにくの曇天で、風が非常に強い。

ギアを一番軽いのに入れて、風にあおられないように進んでいきます。こんな日に走っている人なんていない・・・・と思ったらいました!

中国人のママチャリ集団とランニングのお方。

・・・・お疲れ様です!

下りもやはりループ状、くねくねとしていますので適度にブレーキをかけながら降りていきましょう。

降りる中腹に「サンライズ糸山」があります。こちらは今治側のレンタルサイクルの拠点にもなっています。

橋に至るにはループ上の坂を上がっていきますが、自転車・原付専用道なので広々。しかし対向車に注意は必要です
ブルーラインが道を教えてくれます
走れ~~!!いざ出発!風強し
2018年3月までは原付・歩行者・自転車は無料措置が取られています。
どんよりとしているのが残念!

亀老山展望公園

前日に泊まっていた大島の古民家から車で連れて行っていただきました。(自転車でなくて申し訳ございません)

時間的に夕焼けが展望台から見られるかもということで期待大!

しかし・・・自転車だとかなり急できつそうですw標高差300mあります。期間限定ですが救済タクシーも運行されているということで納得ですw

サイクリストの聖地「しまなみ海道」の中で一番の絶景ということで、よくパンフレットの表紙になったりしている場所です。

大雪からの晴天・・・期待できそうです!
雲が晴れてきました!
隅研吾さんが設計されているという展望台。鏡面のように空が映し出されています・・・・
キタ~~!

 

まとめ:たとえ今治~大島の往復でも十分しまなみ海道のよさが味わえる

今回さっぱりとしたしまなみ海道にはなってしまいましたが、たとえば今治起点で大島を往復だけ(約40km)でも、かなり充実した旅になることがわかりました!

そしてまだ時間があるよという方は、体力に合わせて大島を1周したりとアレンジルートが取れるのも魅力ですね。

今回走行したメインルート・国道317号を離れてはしまいますが、『大島東海岸線ルート』にも以下のの見どころがあります。

  • 食堂みつばち(カフェ)
  • インドカレーみづひき
  • 村上水軍博物館
  • みやくぼ しまのダイニング

本当に、しまなみ海道は可能性が無限大!

さらに朗報が舞い込んできました。なんと兵庫~徳島をむすぶ「鳴門海峡大橋」にも自転車専用道の検討に入ったとのこと。

「しまなみ海道」はシーズン中は非常に混雑するので、混雑分散するかな?と期待大です。(単純な考え方ですがw)

1週間くらいかけて全部ぐるっと周るのもいいですよね~^^

以上、『今治~大島ショートカットは「しまなみ」のイイトコ取り。大島には3つの見どころも!』の記事をお送りしました。

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。