「池川茶園 工房Cafe」【仁淀川町】のソフトクリームで春爛漫!

こんにちは!aimiです。

4月初旬。高知市内よりも少し遅い、桜の満開情報を頼りに仁淀川町にやってきました。

この日は「ひょうたん桜」の見学のついでに目当ての「池川茶園 工房Cafe」へ!

「池川茶園 工房Cafe」への行き方

「池川茶園 工房Cafe」は高知市内から車で約2時間。仁淀川町の旧池川地区にあります。

高知市・国道33号線方面からお越しの方

高知市からですと、約1時間半。国道33号線仁淀川町役場、ローソンを過ぎ、一つ目の信号を右折。

しばらく道なりに進み(約4km)、「宮崎の河原キャンプ場」の手前を左折。

1つ目の交差点を右折で直進すれば、右側に入り口が見えてきます。

スポンサーリンク

国道194号線方面からお越しの方

国道194号線からお越しの方は、「池川439交流館」という施設を右に見つけたらすぐに右折します。

橋を渡り切ったらすぐ左折し、しばらく道なりに進むと木材屋さんがあります。

さらに進み、右にガソリンスタンドを見つけることができたら…その向かい側にあります。

すれ違いが困難な場所も多いのでご注意ください。

 

「池川茶園 工房Cafe」への道は時期がよければ桜と清流が楽しめます

旧池川町と国道439号を結ぶ橋です。少し狭いので注意しましょう。この橋を渡ります。
桜が満開です!澄み渡る仁淀川(支流の土居川)の上流とともに。

 

茶園の入り口。

「池川茶園 工房Cafe」横の駐車場はたったの4台しかありませんが、臨時駐車場が近隣に何箇所かあります。案内の看板があるので注意してみてください。

絶対に路上駐車はご遠慮くださいね。人気店なので休日の日中は非常に混雑します。

「池川茶園 工房Cafe」からの景色に驚きを隠せない

今回、桜の時期と休日が重なったので混むと予想し、私たちは時間をずらしてまいりました。

すると着いてみてびっくり。なんと「貸しきり池川茶園」を満喫することに!

道中もそうでしたが、ほんとうに「池川茶園 工房Cafe」はすばらしい景観の中にあります。

目の前には茶畑!遠くには山々山!

目の前には桃の花も!すべてが歓迎してくれています。いい時期に来たなあ~

メニューは?

茶畑プリン

「池川茶園 」を代表する商品、「茶畑プリン」

2層になっており上の部分はゼリー状になっています。上の部分はほろ苦く、下の部分は甘い感じで一緒に食べると本当にまったりとおいしい。

このお店にくる途中に渡った旧池川町への玄関の橋のたもと、「池川439交流館」や温泉付きホテル「中津渓谷ゆの森」などでも取り扱いがあります。

〈中津渓谷「ゆの森」のじゃらん予約はこちらから〉

各370円。少しお高めのお値段かもしれませんがお試しあれ!

茶畑ソフトクリーム

今回食べたのは「ソフトクリーム」。

こちらはここでしか食べることができません。

2種類あり「抹茶」・「ほうじ茶」のソフト。各310円でした。

めちゃくちゃ濃厚なのに甘くない!

時折見られる抹茶やほうじ茶の粒が結構大きくて、「食べるお茶」みたいな間隔。栄養が摂取できていそう・・・w

飲むお茶のサービスがありました。口直しにいいですね^^

茶畑パフェ

こちらも「池川茶園 工房Cafe」の限定商品。

なかなかボリューミーなので、少しおなかをすかせていくといいかもしれません(笑)

700円。池川一番茶の「霧の薫」もついてきます。びっくりするほどおいしいお茶です

茶畑ロール

「茶畑ロール」は自宅へのお土産や贈り物にぴったり。

「茶畑プリン」とともにお土産人気商品です。

1切れ280円。お土産には1本売りをどうぞ!

外のテラスが気持ちよすぎる件

こちらのカフェはぜひ、外に出て召し上がってください!

外のカフェスペースは開放的で気持ちい!

夏や寒い時期を除いては、ぜひ外でゆっくりするのをオススメします^

桃の花や、菜の花のコントラストが素敵でした。

もちろん先ほど通ってきた川の向こう側の満開の桜も遠景に見えますので、いい写真が撮れましたよ~。

ぜひ、皆さんも桜の時期に訪れてみてくださいね。

池川茶園のアクセス

営業時間:10:00~18:00

定休日:月曜

仁淀川町のお茶アイスは通販でも買えます!

高知県を代表するアイスメーカー、「高知アイス」が仁淀川町のお茶の葉を使ったアイスの通販を行っています。よろしければチェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。