高知県

高知に住んでいるなら 一度は「だるま朝日」を見に行こうよ!

こんにちは!aimiです。

高知は本当に季節が濃い。絶対に関東にいたときよりも寒いです。

このところ寒気が入り12月本番の寒さを体感しているのですが、先日、初めて「だるま朝日」を須崎市に見に行ってきました。

というのも以前記事にしているのですが、やはりこの目で見に行かないと説得力のない記事になりますので・・・・

【参考記事】

だるま朝日とは

だるま朝日は、秋分の日ごろから春分の日ごろにかけて海面の海水温と大気の温度差により水蒸気に光が屈折して太陽がだるまのように見える現象です。~室戸市観光協会HPより引用

冬、日の出前に起きるのはかなり大変。寒さとの戦いになります。

ですが、これに打ち勝って起きてさえしまえば、こちらのもの!

どこで見られるの?

室戸市や宿毛市が有名ですが、高知市付近の海沿いでも見られます。朝日に限定すると、高知市付近だと西側の高知市西隣りの花街道や土佐市の海岸になります。

ただ高知市の近くで見ようとすればするほど、期間が短いので注意が必要です。

今回、私は須崎市の安和海岸で撮影することにしました。こちらはJR安和駅のすぐ近くにあり、水平線がはっきりくっきり開けている場所だと夏にチェックしていたんですよね。

【参考記事】

持ち物

言わずもがな、カメラはお忘れなく!本格的な一眼レフカメラの場合は三脚も必要です。

カメラ関係
  • カメラ
  • 三脚
  • レリーズ(ボタンに触れずにシャッターを押せる道具)
防寒グッズ
  • ネックウォーマー
  • 貼るホッカイロ
  • ブーツ
  • 厚手の靴下
  • 厚手の手袋
  • ニット帽
  • 魔法瓶(お茶などの温かいもの)

全部そろえていっても、寒かったです・・・「待つ」間に動いていないとかなり寒いかも。私は待ち時間、車の中に入って待ってました。

何時に見られるの?

日の出時刻の前後です。

この日、2017/12/9は須崎市の日の出時刻はちょうど7:00。「だるま朝日」は正確には蜃気楼現象だというので少し前から観察していたほうがいいと思われます。

この日、訪れたポイントではカメラマンさんにはお会いしませんでしたが、撮影後、ふるさと海岸に目を向ければたくさんいらっしゃったのが見られました。場所取りの問題もありますので、早め早めの行動がいいでしょう。

どういうときに見られるの?

・観測場所
・日の出の方角
・天候
・気温

が影響するといわれています。

雨の日は絶対に見られませんし、気温の高い日は見られません。

いざ撮影場所に向かう

この日は快晴で条件はそろっていたはずでしたが、なんと、水平線に邪魔な雲があるのを峠の上から発見!!事実上、着く前に「もう今日は見られない」とわかっていたのに撮影に向かったのでした・・・・。

撮影前に安和駅に寄ってみました。ここは無人駅ですが海がすぐ見えて、訪れる人が絶えない場所。

安和駅に立ち寄って安和海岸までは車で5分程度。途中にローソンもありますので、暖を取れるものを買うのもいいでしょう。お手洗いもありませんので済ませていくことをオススメします。

撮影場所に着くも、状況はすぐに変わるわけでもなく絶望的な雲が。。。。

7時近くになったものの、雲が取れることもなく日の出を迎えました。

残念です。でもいきなり見れるなんてバチがあたるかもしれませんので、また来ればいいだけのことですけどね。

7時5分ころ、やっと日が出てきました!

ふと目を横にやってみると、釣り船が横切っているのが見られます。美しい光景です。

残念ですが、1ヶ月間毎日通ってもなかなかきれいには見れない、ということが数々のブログから読み取れていたので、特にショックは大きくありませんでした。

ただ、太陽のパワーは偉大。先ほどまで冷え切っていた体も少しだけあったかくなりました。

晴れたらこんな景色が見れるはず・・・・

今朝のだるま朝日🌅 #だるま朝日#日の出#マリンピア沖洲

naomasaさん(@naomasa1956)がシェアした投稿 –

撮影後のお楽しみは「モンブラン」のモーニング~!!

撮影が終わり安和海岸を流しながら走っていると、あっという間に中土佐町に入りました。

ちょうど突き当たりで国道に出ると、2017年夏にできたばかりの「道の駅なかとさ」があります。寒かったのでここであったかい物を食べるもよし、おなかがすいてたらご飯を食べるもよし、といいたいところですが、まだ開店前。

ということで、須崎方面に少し戻り、定番の「モンブラン」のモーニングで〆ました!朝7時半からの営業は助かりますね~!お値段も優秀!

【参考記事】

まとめ:「だるま朝日」を撮影するには相当なメンタルが必要。日の出を撮影しにいくと考え、気軽に行ってみよう!

「確実には見れる」とはいえないのが難しい「だるま朝日」。

 宿毛市商工観光課の山戸達朗課長は「オーロラは見えるか見えないか分からなくても観光客が集まる。だるま夕日にもオーロラに負けない希少価値や感動がある。一度は見てみたいと思わせるPRの仕方次第で、まだまだ伸びしろはある」と力を込める。~高知新聞2016/12/27より引用

でも、こういうものにこそ価値があると思っています。

個人的には、万人受けするものではなくても「○○があるから四国に来たよ」っていうほうがなんだかうれしいなあと思うんですよね。

さて、また出直してきますよ~!今シーズンまた見に行きたいと思っています。

以上、『高知に住んでいるなら 一度は「だるま朝日」を見に行こうよ!』の記事をお送りしました。

安和海岸のアクセス

高知県須崎市安和

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^