Spotify(スポティファイ)をサイクリングで流し聞きする際、注意すべき3つのこと

こんにちは!aimiです。

スポーツの秋がやってきました。

わたしはあいも変わらず、ロードバイクでいつもの道を20km強、サイクリングしているのですが

先日見つけてしまった、「Spotify(スポティファイ)」というアプリがすごく便利なので紹介させていただきます。

例えば以下の「カーリーレイジェプセン」のプレイリスト。


ざっくりいうと「ラジオ」のような感覚で音楽が聴けるというアプリ。

無料プランだと限られた曲だけになってしまいますが、プレイリストを作ることができます。

ただ、こちらを自転車に乗りながら聞くにあたっての注意点がいくつかあります。ご説明していきますね。

Spotify(スポティファイ)をサイクリングで流し聞きする際、注意すべき3つのこと

イヤホンをしながら自転車に乗るのは道路交通法違反

「道路交通法」が2015年6月~改正になったことにより、「ウォークマンを聞きながらの運転」は禁止されており、イヤホンは使えないことになりました。

イヤホンに限らず「交通に関する音や声が聞こえないような状態」ならアウトということです。

私はスマホをポケットに入れ、「微音」程度で楽しんでいます。

「6月から自転車イヤホン運転禁止」の誤解 警察に問い合わせ殺到

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000006-wordleaf-soci&p=1

イヤホンなしで音楽?ボトル型スピーカーなら解決できる!

もっとお気軽に音楽が聞けないものかと思い、「ボトルホルダーに入るスピーカーがある」ということで検索してみました。

するとアマゾンレビューがすこぶる良いこちらの商品を発見!Bluetooth対応&microSD対応。

サイクルボトルサイズでボトルゲージにもぴったりで水の入ったボトルよりも軽く、クロスバイク・ロードバイク ボトルゲージ形状問わず搭載可能!

気になりすぎる商品。自転車に乗らないときもアウトドアシーンでのスピーカーとして活躍してくれそう。

 

ガッツリ音楽を聴きたいなら自転車は向いていません。あくまで「流し聞き」

上にも書いたように、「交通に関する音や声が聞こえないような状態」ならアウトということは、いくらスピーカーであっても大きな音では聞けないということ。

もともと、自転車の上は風が流れているので、停まっているときのような音量では耳に入ってきません。

なので大音量で聞きたい気持ちもわかりますが、それができないということ。

もし大音量で聞きたいのであれば、別の場所で聴きましょう!

 

Spotify(スポティファイ)はメモリを使うので低GBプランで済ませたい人にはオススメしません

Spotify(スポティファイ)の無料プランはwifi環境かネットが安定して「つながる場所でないと使えません。

有料プランだとダウンロードしてオフラインの環境でもメモリを使わずに利用できますが、料金(大人980円、学割で480円)がかかります。

それでは月々の支払いが高くなり、格安SIMの方は格安SIMにした意味がなくなります。(※音楽自体、流し聞きではなくしっかり聞きたい人には別の価値がありますが)

格安SIMやキャリアの安い料金プランを利用している場合、1GBや3GBが毎月のデータ容量になっているプランが多いですが、毎日使う場合、すぐに上限に到達してしまいます。

以下のスクリーンショットをご覧ください。15分程度のサイクリングで20MB使用してしまいました。1時間の利用だと80MB弱には達してしまうでしょう。これは恐ろしい!

4日をご覧ください。15分の使用で約20MBの使用になりました。

そこで、メモリを気にすることなく際限なくSpotifyサイクリングを楽しむにはどうすればいいか、悩んでいたわたしに救いの手が!

「BIGLOBE SIM」のエンタメフリープランが月額480円払えば、音楽・動画系のサービスがいっさい料金がかからない

「BIGLOBE SIM」のエンタメフリープランが月額480円払えば、以下のサービスがいっさい料金がかからないとの朗報!

  • 動画配信サービス:YouTube、AbemaTV、U-NEXT
  • 音楽配信サービス:Google Play Music、Apple Music、AWA、spotify、Amazon Music
  • ラジオ配信サービス:radiko.jp

旅先でラジオが入らない山間部でもネット環境さえあれば聞けますし、サイクリング前日のベースキャンプ、車中泊のお供にも!

最近では道の駅付近のフリーwifiも珍しいことではありません。

同じ曲をずっと聞くこともないので作業中に&雰囲気作りにも飽きません。

個人的には車中泊って意外と時間をもてあますんですよね~。

環境さえ整えば山奥でも、最近元SMAPの3人が出演し話題になった「ameba TV」も見ることができます。これも同じくカウントなし。

こちら高知県では山間部中の山間部、「道の駅さめうら」がフリーwifi絶賛対応中!この駅を基点に「さめうらダム」を周回するサイクリングイベントもあるんですよ。

ぜひぜひ利用を検討してみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

いくら懸念点があるからといって、Spotify(スポティファイ)サイクリングをあきらめるのはもったいない!

邦楽の数はあまりないけれど、流し聴きする曲をリストに入れてみたり、普段同じルートを走ることが多いわたしにとって、Spotify(スポティファイ)はかなりメリットを感じています。

秋風に吹かれながら、Spotify(スポティファイ)サイクリングを楽しんでみませんか?

以上、「Spotify(スポティファイ)をサイクリングで流し聞きする際、注意すべき3つのこと」の記事をお送りしました。

今ならSpotify(スポティファイ)プレミアム3ヶ月100円キャンペーン中!

プレミアムってどんなものか?躊躇していた方に朗報!

今ならSpotify(スポティファイ)プレミアム3ヶ月100円キャンペーン中!

Spotify(スポティファイ)のご登録はこちら

 

 

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。