高知県

四万十川ウルトラマラソン前日は「車中泊」をオススメする3つの理由と場所のご紹介

こんにちは!aimiです。

先日夫が出場した『四万十川ウルトラマラソン』ですが 、100kmの部は受付が前日の土曜日になっており、どこかで泊まらなければならないことになっています。

「四万十川ウルトラマラソン」は宿泊場所の確保からスタートしているのだ

 

大会当日は四万十市蕨岡(わらびおか)中学校を朝の5時半、まだ暗いうちのスタート。大会運営もそのほうがスムーズだからです。

※100k_start_mapを参照してください

したがって、近くの四万十市内に泊まりたい、と思うのですが、市内のホテルは軒並み、東京などからの飛行機のパックツアーのお客さんで満杯。個人は小さな民宿などを押さえなければなりません。

もしホテルに絶対泊まりたいという方はエントリー後すぐに押さえたほうがいいかもしれませんね。

aimi
aimi
かなり人気の大会で、47すべての都道府県からエントリーがあるみたい・・・
otto
otto
僕たちは高知県内からの参加だし、移動に疲れも出ないから車中泊で十分! 

「車中泊」が一番カラダが休まる?!3つの理由

 

宿泊施設の数もキャパシティを超えており、ちょっと距離が離れるとかなり早く起きなければならない計算で体がゆっくり休まりません。

どうせ、朝も早いし体もそんなにたくさんの時間休めないというなら・・・実は『車中泊』が一番ベストなんです!

 

  1. スタート地点にかなり近い場所に車中泊できる(安並運動公園の場合)
  2. お金がかからないので前日日帰り温泉など贅沢できる
  3. 前夜祭会場からもそう遠くない

 

aimi
aimi
今は車中泊グッズも充実しているし、意外と快適だよね
otto
otto
結構やっているけど意外と寝れるよね(笑)

 

スタート地点にかなり近い場所に車中泊できる(安並運動公園)

わたしたち夫婦は事前にある程度リサーチしてはいましたが、当日雨だったということもあり、当初の予定を変更し受付場所でもあった『安並運動公園(スポーツセンター)』に泊まることにしました。

理由としては

  • スタート地点まで約6km!(四万十市中心部、中村からだと10km弱)
  • 出走者のホテルを取らなかった人の大半がここで車中泊する
  • 夜20時くらいまでグラウンドの点灯をしてくれている(本部も推奨してくれている)
  • かなり広いので車であふれるほどのことはない
  • 24時間利用できるトイレもある

 

からです。実際、行ってみるとかなりの人が泊まる準備をされており、テントも多数張られていました。

どうせそんなに早く寝ることもできないし、朝も早いので移動のロスがないのは大きなメリットです。そしてわたしたちは初めての出場だったのでほかの人の動きも見れるし安心でした。

夜は騒ぐ人もいなく、みなさん明日の出走に備えて早々にお休みになられていたようです。

https://i2.wp.com/www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161007-180_TP_V.jpg?resize=962%2C641&ssl=1

お金がかからないので前日日帰り温泉などほかの贅沢ができる

四万十市には2つの入浴施設があります。

  1. 平和の湯
  2. 四万十いやしの里

です。このうち、2の四万十いやしの里のほうに行ってみました。

こちらは1のある市街地付近よりすこし離れています。

しかし雰囲気の良いホテルも併設され、海を見下ろせる高台にあるため、ゆったりとした敷地はとても静かでいい雰囲気です。

わたしたちは雨の中露天風呂に入りましたが、雨音がイイ癒しになりましたね~。

お風呂を出たあともアイスなどの軽食を食べられる場所もありました。

https://i2.wp.com/www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp_torakkuhashiru_TP_V.jpg?resize=962%2C641&ssl=1

前夜祭会場からもそう遠くない

前夜祭は17時から『新ロイヤルホテル四万十』で行われました。

付き添いの人は入れないというので、夫を見送る形で会場前には行きましたが、「安並運動公園」からは距離にして5kmちょっとなのでさほど離れていません。

余談ですが、前夜祭は行かない人もいる想定なのか、キャパシティの問題なのか?食べ物があっという間になくなったそうなので、開場前から並ばないといけませんね・・・・。

受付のときに見かけた全国から集まったと思われる、かなりガタイの良いランナーが少食な訳がないもんですね・・・・。

ということで、行かれる際は覚悟して食事の争奪戦に臨んでくださいねw

「新四万十ロイヤルホテル」のじゃらん予約はこちらから

https://i0.wp.com/www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Yamasha17511032_TP_V.jpg?resize=990%2C659&ssl=1

車中泊オススメ場所のご紹介

『安並運動公園(スポーツセンター)』(スタート地点まで6km)

前述した、スタート地点に最も近い公園です。

24時間トイレが使え、運営本部も推奨している場所なので安心ですね。

『土佐西南大規模公園』(スタート地点まで13km)

雨でなければ太平洋に面した気持ちの良い公園、『土佐西南大規模公園』にしようと思っていました。

または、車中泊でなくて敷地内のオートキャンプ場「とまろっと」のバンガローに泊まるのもいいですね。

こちらも前述した日帰り温泉、「四万十いやしの里」が非常に近く、この公園の敷地内にあります。温泉に入って&すぐ休めて&しかも景色がいいとは最高ですよね。

明日は☂の出走です。#夫が #四万十ウルトラマラソン

aimiさん(@aimimini09300)がシェアした投稿 –

ビオスおおがた(スタート地点まで18km)

四万十市のお隣にある黒潮町の道の駅です。とはいえスタート地点までは20kmありません。

小さいながらも、19時までお食事ができますし、次の日の朝食等ここで買っておくこともできます。

国道沿いにありますので会場まで迷うことはないでしょう。

途中にはコンビニも通過しますので温かいものをその場で食べたいという方にはオススメ!早朝はコンビニ以外での温かいものの調達は難しいです。

ちなみに安並運動公園からスタート会場まではコンビニは一軒もありません。

aimi
aimi
高知市方面から会場に向かっているときに立ち寄ったけれど、サバカツ定食が気になった!
otto
otto
やぱりこのエリアはかつおよりサバなんだね!今度食べてみたいね~ 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回行くに当たっていろんな情報を検索しましたが、ネット上に有益な情報が全然なかったんですよね。

なので自分で書こう!と。お役に立てたら幸いです。

また来年も、100kmの部に夫が挑戦しますので新しく情報を追記していきたいと思いますのでよろしくお願いします^^

以上、『四万十川ウルトラマラソン前日は「車中泊」をオススメする3つの理由と場所のご紹介』の記事をお送りしました。

安並運動公園(スポーツセンター)のアクセス

【住所】

【電話】0

日帰り温泉・「四万十いやしの里」のアクセス

とっても雰囲気の良いレストランもあります。

レストランのほうはイベント開催時は混雑するので予約をしていったほうが無難かもしれません。

ランナーのご家族は空いた時間にレンタカーで観光はいかがですか?

ランナーの追跡応援はできない

「四万十川ウルトラマラソン」では「追いかけて」ランナーの応援は、オフィシャルバスツアーでしかすることができません。(ツアー料金8,000円/人)

事前に現地に着いておくことで「スポット的」には応援は可能ですが、「追跡」は大変迷惑になるので絶対にやめましょう。

応援不可なら割り切って一日観光しよう!

私は夫を5時にスタート地点に送り届けた後、土佐清水・宿毛方面にひとり観光に出かけました。

ひとり焼肉を堪能したり・・・

あわせて読みたい
女ひとり焼肉もいとわない!高知・焼肉西の横綱!「天下茶屋」(宿毛市)へGO!こんにちは。aimiです! 先日宿毛市にひとり焼肉ランチを求めていってまいりました! 高知・焼肉西の横綱とも称されている、「...

特に、「足摺岬」は必見のスポットですよ~^^

レンタカーがあると効率的に観光できます

そんなときに、移動に便利なのが「レンタカー」。

高知県の西部は、四万十市窪川以降、JR・汽車が走っていませんので大変重宝します。

ぜひ現地で現地の移動は、空港・駅~レンタカーを利用することを強くオススメいたします。

特に四万十市中心部から離れると、公共交通機関はきわめて不便になります。

四国外から来られる方は、距離的に「高知龍馬空港」より愛媛県の「松山空港」のほうが便利であったりしますしw

「スカイチケットレンタカー」一択の理由

「スカイチケットレンタカー」なら、

  • 全国約50社から格安レンタカーの料金比較検索・予約可能
  • 1日1時間から利用可能
  • 1日2000円からの安い料金が魅力
  • 全ての格安レンタカープランが免責補償料込

万一の際にも補償がついてるので、安心してお使い頂けますよ。

全国の格安レンタカー予約なら
skyticketレンタカー♪

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^