登山

計画取りやめの可能性がある登山届こそ「コンパス」アプリで作成しよう!

こんにちは!aimiです。
台風シーズンになりましたので、登山計画も日程調整が難しい季節になってきました。

天候がわからない場合の登山届の提出

全国的に「ゲリラ豪雨」や「雨不足」が心配される近年の気候。天気を読むのも難しくなってきました。

先日、石川県の白山に登ろうと登山口で車中泊していたのですが、天気予報サイト『てんきとくらす「B判定」』にかかわらず、土砂降りで、山の天候の厳しさを思い知らされました。はじめからこの天候だと、1泊2日の山旅も絶望的と思い、早々に撤退しました。

皆さんは天候のわからない場合の登山届、どうされていますか?

『紙』で提出は確実ですが、出す側・受取側の工数がかかる

その際、気になったのが「登山届提出の取り下げ」。このときは、届けは「紙」で提出しようと持っていたのですが、「ポストに提出しない」という選択をしたことで、事なきを得ました。もともと「紙」の提出は、登山口への回収も遅れがちになることから、あまり個人的には好きではないんですよね。「紙」だと紛失の可能性もあります。

新潟県の雨飾山荘登山口では山荘の玄関にポストがあります。(写真・右下です)

確実に「行く」と決まっているならネット提出がオススメ

以前に記事にしたのですが、わたしは天候が確実な場合、いつも事前に地元警察にネット提出しています。しかし、もっと気軽に登山届けの取り下げはできないものか、と思っていました。

【参考記事】

 

登山届=「コンパス」アプリで作成がもっとオススメ

直接各県警のHPからのメール提出もいいのですが、「取り下げ」に関しては電話でしなければならない、または「取り下げ」がHPからできないなど規定のある場合があります。

長野県・岐阜県・愛媛県・京都府・北海道・鳥取県・神奈川県・山梨県・新潟県・静岡県限定とはなってしまいますが、登山計画作成アプリ「コンパス」を使えば「提出」「取り下げ」ともにボタンひとつでできます。

[appbox appstore “id1008101800” screenshots]

提出のタイミングは1週間前がベスト

「コンパス」へのネット提出は、事前提出が求められていておおむね1週間前には提出したほうがいいです。「何日前じゃなくてはいけない」という決まりはありませんが、警察の窓口が土日休みであることを考えれば、届いていたとしても平日にしか受付をしない可能性も高いです。

取り下げるタイミングは「いつでもいい」のが「コンパス」の最大の魅力

当日、現地に向かっている途中、暗雲立ちこめて登山自体を中止した場合でも、ボタンひとつでできます。

そのボタンひとつで、

  1. 同行者へ
  2. 緊急連絡者へ
  3. 各警察へ

取り消したことのお知らせメールがリアルタイムで送られます。

まとめ:計画取りやめの可能性がある登山届は「コンパス」アプリで作成しよう!

特に自分のいつも行っている山域から離れ遠征する場合などは、出発時と到着時の天候が大きく変わる可能性もかなり大きく、「コンパス」アプリはかなり有効です。「登山は自己責任」「自分の身は自分で守る」ためにも、警察だけでなく周りの家族や友人に「コンパス」で登山届を共有するだけで、何かあった際、大きく状況が有利になります。

今回の白山の登山では「紙」の登山届を提出しない選択で解決でしたが、すごい不便に感じたので次からはこれ一択ですね。

「コンパス」アプリは、日本アルプス・八ヶ岳をほとんど網羅していますので、ぜひ積極的に利用して安全に登山を楽しみましょう!これからもっと提携する地域が増えることを期待しています^^

[appbox appstore “id1008101800” screenshots]

以上、『計画取りやめの可能性がある登山届こそ「コンパス」アプリで作成しよう!』の記事をお送りしました~。

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^