移住3年目の私がオススメする高知県のふるさと納税品はこちらから♪
              

ど田舎でロードバイクをメンテしたいなら、つべこべ言わず信頼できる街のショップに足を運ぼう!

ど田舎に移住したら、ロードバイクメンテでつべこべ言わず街まで出よう!

こんにちは。

高知移住してロードバイク乗り回しているaimiです。

地方移住が一般的になってきたのもあって、

『田舎のメリットデメリット』をテーマに記事を書かせてもらったこともありましたが

田舎暮らしのメリットとデメリット~買い物編。@高知県佐川町以前、「山の中に住んでいても新鮮な魚を食べています」 という記事を書いたのですが 神奈川に住んでいたころと比べて、 買...

またまた大きな壁にぶち当たりましたので書きたいと思います。

『ど田舎でのロードバイクのメンテ』問題です。

車の車検と同じで、自転車も定期点検が必要になります。

ロードバイクは自転車の中でもスピードが下りで40~50キロと、かなりでますので命にかかわる乗り物。

見ていただくことで安全性につながります。

タイヤの劣化やチェーンの伸びなど、素人判断では難しいものを1時間くらいかけてじっくり点検していただきます。

取替え要する部品があれば、その場で変えてもらったりします。(ここからは有料)

わたしの場合だとレース前や、ロングライド前には見ていただいています。

わたしの住む佐川町にもクルマで10分くらいの場所に『まちの自転車屋さん』があるのですがそちらにはお世話にならず、クルマで1時間以上かかる高知市のオフィシャルショップまで持込みすることにしました。

理由は

  1. 田舎ではそれが普通だから。
  2. 『まちの自転車屋さん』では取り扱い自体がないので商品知識がないから
  3. 購入した店で点検してもらうのがいちばんだから

※このテーマでは文章の便宜上、

『まち』(地元)と『街』(市街地・県庁所在地)で区別させていただいています。

田舎ではそれが普通だから

高知県は東西南北に広いにもかかわらず、

わたしの買ったロードバイクのメーカー『GIANT』のオフィシャルショップは高知県には高知市に1軒しかありません。

我が家からは30キロ以上、1時間はかかります。

念のため、今回の点検のときに店長さんにお聞きしたのですが

わたし:『佐川町付近に提携しているショップさんなんてありませんかねえ?』

店長さん:『ありませんね。扱ってもいませんでしょうし、

皆さん中村(高知県最西端、クルマで2時間以上)や

東洋町(最東端、クルマで1時間半以上)からクルマに積んで持ってこられますよ』

ダメモトで聞いては見たのですが、やっぱり。

信頼できるショップに皆さん、遠くでもメンテを依頼されて来られているのですね、

わたしなんてまだまだ甘い!と思い知らされたのでした。

『まちの自転車屋さん』では取り扱い自体がないので商品知識がないから

加えて店長さんに聞いてみました。

わたし:『仮にまちの自転車屋さんに持ち込んだらちゃんと点検してくれますか?』

店長さん:『扱ってないということはその商品のことを知らないということですので、

保証はできないといわれると思います。

サドル位置が足がつかないからと勝手に下げられたり、トラブルは多いと聞いていますよ。」

わたし:「足がつかないって・・・当たり前のことなのに(泣)。」

※注)スポーツバイクのサドルは、一般的にカカトのつかないところで位置決めします。

『まちの自転車屋さん』ではスポーツバイクの需要があまりなく、「取り扱い自体がない=商品知識がない」というのは仕方がないことなのかもしれませんね。

購入した店で点検してもらうのがいちばんだから

たまたまわたしが購入したロードバイクは『GIANT』でしたが、ほかのスポーツバイクや自転車を量販店で買ったとしても『購入店に限り定期メンテ無料』のところが多いと思います。

期間はお店にも寄りますが、『GIANT』に関しては永久無料ですし、購入時はオフィシャルショップ店頭定価販売で少し高かったとしてもかなりの恩恵を受けられています。

また、接客も含め「遠くても来たい」と思わせてくれる内容で助かっています。

ロードバイクは街で買うことで選択肢が増え、

恩恵が受けられる可能性が高いといえます。

まとめ:ど田舎でロードバイクをメンテしたいなら、つべこべ言わず信頼できる街のショップに足を運ぼう!

ど田舎に住むことでロードバイクに限らず、趣味性の高いものは特に実物を見て買えない、メンテが気軽に依頼できないなど『デメリット』が浮き出る部分です。

かといって、それだけで趣味をあきらめたくないです。

むしろロードバイクは今の家に引っ越してきてから乗る回数も増えましたし、楽しみが無限大に広がっています。

来年はオフロードバイクも購入し、大会に出ようと思っていますし「SEA TO SUMMIT」で自分の限界にも挑戦予定です。

メンテなんて小さい問題で悩んでいる場合じゃないですけどね(照)。

こういうガタガタ道も走れるのがオフロード車の魅力。ロードだと、すぐパンクしますし、車体が傷みます。

 

今回は、『自分でメンテできない前提』で書かせていただきましたが、パンクなどは目視でわかることですし、日常点検はもちろん必要です!

皆さんも自分のバイクを長く愛してあげてくださいね~!

以上、「ど田舎でロードバイクをメンテしたいなら、

つべこべ言わず信頼できる街のショップに足を運ぼう!」の記事をお送りしました!

 

\スポーツ自転車じゃなくても電動自転車も可!/

\自転車の即日現金買取をしてくれるサービス/

2nd STREET WEB買取はこちらから

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高26,000PV達成)の収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。高知のおいしい食べ物と日本酒が好き。