パートナーがいる人にこそ、山小屋アルバイトを全力でオススメしたい理由

こんにちは。アウトドアライターのaimiです。

昨年、私は避暑のため山小屋でアルバイトをしていました。

結婚していますが、夫は家にお留守番。

ひとりで2か月、山ごもり。

もともと私は登山が好きで、「いつか働いてみたい」と思っていたのです。

aimi
aimi
なかなか正社員の身だといけなかったからね!

「自分がいかに大切な人に囲まれていたか」に気づける

2ヶ月の間、山にこもり感じたことがありました。

「自分がいかに大切な人に囲まれていたか」に気づいたことです。

私のいた山小屋は完全に携帯の電波が入らない「オフライン」の小屋だったため

  • 家族と会えないのでとても寂しい
  • 思っていたことを素直に言葉に出せるようになった

 

という感情の変化がありました。

2ヶ月後、家に帰ったときに夫婦関係はよりいっそう深いものになりました。

家族と会えないので愛が深まる

①夫婦関係

山小屋は携帯電話が使えないため2ヶ月間、休暇の1週間以外は家族と連絡は取れませんでした。

夫とは家を離れたあと、いっさい話すことができませんでした。

普段いっしょにいる時間が多かったのに、突然過ごす時間が「ゼロ」になると夫は日々少しのストレスになっていたようで…

2ヵ月後帰ってきたときはげっそりとやせていました。

私はそれなりに仲間と楽しくはやっていましたが、夫の顔が見えないのは寂しくてたまらない時期もありました。涙を流した夜もあります。

なので会えたときの喜びはひとしおでした。

スポンサーリンク

②両親との関係

私の両親は登山をやる人ではなかったので「山小屋で働く」と言ったら、けっこうな心配をしていました。

台風前に母は必ず事務所に電話をかけ(当時何個も台風が来ていました)、オーナーの奥さまに無事を確認していたようです。

それが私に伝わり「心配性だけど、台風の度にとは・・・・」と半分あきれてしまったこともありました。

そういう態度をとったのは周りのスタッフに知られて恥ずかしい、という理由もありました。

しかし、今では「心配してくれる人がいるだけ幸せだったんだな」と思えます。

山の中で台風を迎えるのは大変危険なことです。

自然災害はわたしたちの手ではどうにもなりません。

思っていたことを素直に言葉に出せるようになった

山小屋は電話ができませんので、週に1回のロープウエーで運ばれてくる荷物に郵便物を入れて夫と文通をしていました。

そこで磨けたのは「いつも言えないことを手紙で書く能力」です。

「早く会いたいね~」など普段なら恥ずかしくていえないことも書きまくっていました。

夫ははじめのうちは「会えなくても大丈夫」と強がっていましたが、2ヵ月後のげっそりした姿を見て「あ、嘘だったんだな」と思いました。

とくに手紙は残るので「嘘」は書かないほうがいいですね。

書きたくても書けないはず!

まとめ:パートナーのいる方こそ、山小屋アルバイトを全力でオススメしたいです!

山小屋のアルバイトはカップルや夫婦の愛を深めるには効果絶大です!

ただ、付き合って間もないカップルなどにはおすすめしません。

絶対の信頼のあるパートナーがいる方限定です。

余談ですが、衛星電話で彼氏と話すスタッフもいました。

(※衛星電話=1分300円、基本緊急用)

高いので長電話はできませんが、「青春だな~」とスタッフ皆で温かく見守っていました。

遠距離恋愛のハードル高めバージョン。

皆さんも、「電波の入らない山小屋」であるバイトしてみませんか?

短期で稼げるのであるバイトとしては優秀ですよ。

夫には申し訳なかったですが、「こんなに稼げて避暑もできておいしいバイト」はほかにないと思います。

18万円/月現金で(!)いただきました。

しかも台風で小屋入りが遅れたのに、「自然災害」理由で日割りではなくしっかり月額分ただきました☆

これは場所によって条件が異なるのでしっかりと確認しましょう!

何ヶ月も過ごす人は特に!!

ほかにもいろんなリゾートバイトがありますので、以下のサイトでよかったら探してみてくださいね。

山小屋風吊りランプであなたのお部屋も山小屋風に?↓

 

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。