音楽

森山直太朗。これだけは聞いてほしい名曲3曲!

「さくら」は知っていたけれど・・・

初めてテレビで見た森山直太朗さん。

「芸能人の息子サンなのにいい曲を歌うし浮き足立ってないのがいいな」と

好感を抱いていたというのもあり、聞いてみたいと思ったのが

聞き始めたきっかけです。

私が初めて買ったアルバムは「新たなる香辛料を求めて」。

シングルだと「太陽」「生きとし生ける物へ」「愛し君へ」が収録されています。

2003年「さくら」が大ヒットしてから1年後でした。

レコード会社の戦略でシングルが売れたらその勢いで

すぐアルバムを売り出すというのがありますが

もともと「さくら」がロングヒットだったというのもあり

そこまで直太朗さんが「めちゃめちゃ売れている人」という

イメージはありませんでした。

むしろじわじわ売れているのが、

「長く残る予感」がしていいと思いませんか?

このアルバムは非常によすぎてレンタルで借りていたものを買いなおしました。

それほど、シングル以外のアルバム曲がよかったということです。

全部が聞き流すことはできないアルバムです。

このアルバム、「丸ごとおススメ」になっています・・・。

それでは、「森山直太朗。これだけは聞いてほしい名曲3曲!」をお伝えします!

第3位 「太陽」

直太朗さんの曲はほとんどが御徒町凧さんとの共作の詩でできています。

形にはまっていない自由な曲が多いんです。

残酷なこと言っているようでちゃんと小さくフォロー入れてくるんです。

妙に明るい曲調&ミュージックビデオにギャップを感じる人も多いでしょう。

でも私はそれが直太朗さんの魅力だと思っています。

夕べ見たニュースのことだけど

ある事件で捕まった犯人の顔はうれしそうだった

見たくも無い現実をナイフで引き裂いた

ただそれだけのこと

~「太陽」歌詞より引用

第2位「生きてることが辛いなら」

生きていることが辛いなら

悲しみをとくと見るがいい

悲しみはいつもひとかけらのお花みたいに咲くという

生きていることが辛いなら

くたばる喜びとっておけ~「生きていることが辛いなら」歌詞より引用

「生きていることが辛いならくたばる喜びとっておけばいい」、

「いっそ小さく死ねばいい・・・」

なんて「よく軽々しく言えるな!(怒)」という人がいたのでしょうね。

死ぬことが美化されているのがよくなかったのでしょうか。

今で言う「炎上」ですね。

森山はこの曲に対し賛否両論があり

いろいろ考えていた際

「歌作りの人間って今を切り取ったり、変だと思うことを変だとはっきり言う必要がある。

それを恐れちゃいけない勇気を出せ」と、

さだまさしにエールを送られたと明かした。

~「波乱爆笑」MCより引用・エキサイトニュースより

受け止める人それぞれなので、

度合いにもよるけれど少なくともこれを聴いて「死のう」って言う人はいないんじゃないかな、と思います。

ただ諸行無常を歌った曲の一部を切り取って騒いでいるだけ。

歌手の皆さんは一部を切り取られて意見されてしまうのだからかわいそうな感じもしますが・・・。

森山さんは

ほかにも「うんこ」「やること無いからセックスしよう」「どこもかしこも駐車場」

と衝撃的なタイトルの曲もありますがどれもいい曲ですよ!

メロディーにのるとポップに聞こえちゃうから不思議なのです。

第1位 「夏の終わり」

水芭蕉揺れる畦道 肩並べ夢をつむいだ

流れ行く時に笹舟を浮かべ

焼け落ちた夏の恋歌 忘れじの人は泡沫

空は夕暮れ ~「夏の終わり」歌詞より引用

まずイントロの「UH~」のファルセットから一気に世界に引き込まれます。

その後ぽろんぽろん繰り出されるシンプルなギターのメロディー。

水芭蕉は晩夏の花ではないので、この部分は回想部分と捉えられます。

まさに「哀愁(もの悲しさ)」を感じられる一曲です。

聞き終わった後、心が浄化されたことに気づくでしょう。

泣いた後、心がすっきりしますよね。そんな感じ。

冷たくなってきた風に秋を感じ、

夏の終わりの夕方に聞きたくなるんですよね~泣けちゃいますよ。

夏の終わり頃の思い出を

胸に大切にしまっておきたい人は

この曲とともに素敵な思い出にするとよいでしょう。

なぜ直太朗にはまったの?

はじめは歌番組でトークをしているところを見かけたんですが

「この人はお笑い芸人なのか?落語家なのか?」というほど面白くて

歌がシリアスなものが多いだけにその「ギャップ」に惹かれました。

飄々と歌うミュージックビデオが印象的な「さくら」のイメージが強かっただけに

「太陽」のおどけた感じのビデオは見入ってしました。

※このビデオは戸越銀座商店街でいろんな通行人

と一緒に歌いながら絡むという庶民的なビデオです。

その後、ライブにも何度か行きましたが、

やっぱり歌うまいし、引き込まれました。

トークはお茶目なのに・・・独特の世界観があります。

サッカーも選手を目指してただけあってうまいし、

芸能人家族に生まれてもそれをひけらかすことなく、でも世渡り上手w

歌手以外の活動もインスタグラム等で拝見してますがとっても面白いです。

特に親友である氣志團、綾小路翔さんとの絡みは・・・

ギャップ萌え・・・ギャップに弱いな、私w

森山直太朗。これだけは聞いてほしい名曲3曲!

第3位 「太陽」

第2位「生きてることが辛いなら」

第1位 「夏の終わり」

以上、お送りしました~。

最後に、直太朗中毒のススメ。

森山直太朗、中毒性あります。

皆さんも「さくら」以外の曲、聴いてみてはいかがでしょう?

私は物思いにふけりたいとき、車の中で一人、ドライブ時に聞きます。

新緑を感じながら、または紅葉を見ながら。ぴったりなんですよ。

情景が浮かんでくる歌詞ばかりなので。

日本って四季があってすばらしい。

まずはベストアルバムからどうぞ↓

ライブ映像はかなりお得感ありました。

 

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^