仕事

田舎は仕事がなくはない!

社会貢献はやっぱり楽しい。(自分の納得いく田舎暮らしを乱さないペースでできれば)

こんにちは!aimiです。

先週1週間限定で、アルバイトにいっていました。まさに「小商い」ですね。

私が高知に移住して働きに出たのは、3回目。

いずれも期間が決まっていたので&自分の共感できるキーワードが含まれ気楽だったのですが、

今回のきっかけは

「街にちょっと出て気分転換と、夏にやりたいことがある」と言うことでちょっとしたお小遣い稼ぎ。

夫が私がなんとなく「フルタイムで働く求人広告」を見ていると

「本当にやりたいことなのか見極めてからでも遅くないから、

あせらずいろいろやるといいよ。

佐川町にずっと住むとも限らないし。」

と言ってくれました。

なのでゆるゆるとブログもやっていられるわけです。

小商いでお金を儲けたほうが、「より、人生として、成功」なのだろうか。

「お金を儲ける=成功=幸せ」なのではなく、
「かけがえのない輝きを持った、社会の中の小さくとも静かに輝く星になること=幸せ」なのではないか。

~「小商いの作り方」amazonカスタマーレビューより

遊ぶお金もちょっとほしい。

このブログ読者の方もお分かりのとおり、一例ですが、私は趣味がいっぱいなので、劣化したギア(たとえばアウトドア道具)は安全のために買い替えが必要になってくるものがあります。買い替え時、少しグレードアップしたいモノもあるのです。

そしてたまには贅沢においしいものも食べに行きたいですしね~。

わがままはいけませんが、我慢も体に悪いですからね~。

特に田舎での稼ぐ手段としてブログは「資産」になるので、夫はとっても賛成してくれています。

将来的には少しのマネタイズ(収益化)の希望もありますが、まだまだ発展途上。

【参考記事】

田舎暮らしならではの働き方を考える。~在宅編

文章力も鍛えられ、お金も稼げる「ランサーズ」

WEBですべてが完結する「ライター」としての仕事も模索中。

「ランサーズ」というサイトを利用すると、初心者の方はできる範囲が狭すぎて単価は低いかもしれないけれど、「文章力」を鍛えるのにはもってこいじゃないか~と登録してます。

あとこういう記事がほしいという企業様の「需要」に対し、きちんと「供給」できているか、自分を試す意味でも鍛えていけるというメリットもすごくあります。

「ランサーズ」のサイトはこちら↓

アンケート回答のみで稼げる「サグーライティング」

「そこまでは無理かな」と言う人でも、ただアンケートに答えるだけでポイント(=お金に換えられる)をもらえて、ちょこっとの稼ぎにもなるのでお勧めなサイトもございます。

「サグーライティング」のサイトはこちら↓

ブログを書く

今私が挑戦していることのひとつで、ここで気をつけたいのはブログ=日記を書くのではないということ。

上記のあんちゃさんのツイッターからもわかるように、『人が見て価値を見出すもの』を書かないと意味がありません。日記は誰も読んでくれないということです。

私もそれには気をつけて誰かの背中を押せるような記事を書いていきたいと思っている次第です。

【参考記事】

田舎ならではの働き方を考える~派遣・アルバイト編

結構「田舎暮らしをせっかくしているのに通勤で消耗」している矛盾点満載の勤務をなさっている方もいるかもしれません。

以前、移住フェアで登壇されていた方でもいらっしゃいました。

でもひとつだけ割り切れる条件があります。「短期集中」であること。

たとえば農家の方なら農閑期の1週間だけ、1ヵ月だけ、ならあとのお休みは悠々自適に過ごせます。

子育てしながらもお子様をゆっくりした時間をすごしたいなら、1ヶ月だけ保育園に預けて、なんて働き方もありかと思います。

幸い、私の住む佐川町は一時保育は空きがあり、予約さえすればすぐにでも入園できる状態です。

私もこのサイト↓「ジョブセンス」で見つけました。

某お店の店舗改装のレイアウト変更に携わりました。久しぶりの社会復帰&フルタイムで体と頭をめいっぱい動かすのはすがすがしいものがありました。

私が仕事を見つけた「ジョブセンス」サイトはこちら↓

「ジョブセンス」や同系列のバイトや派遣を一括で検索できるサイトも見つけました↓

住み込み山小屋バイトなど季節労働もした私。こんなサイトも魅力的。↓

参考記事】

 

まとめると、田舎で仕事を探すには「行動あるのみ」ということ!

いかがでしたでしょうか?今回は田舎での「小商い」。

在宅や短期の派遣・バイトのオススメサイトを紹介させていただきました。

今回私が経験した「店舗改装」業務は日常からあるわけではなく、一週間お店を閉めて短期集中で人海戦術、時間もきっちり決まっていたので(時間5分前になると外に集合し終礼を行い終了となる)、買い物をして帰っても真っ暗になるということはありませんでした。

とっても楽しかったです。

そしてまた近くで仕事がある際はお声掛けいただけるとのことで、田舎は「外に出て初めてわかる」ことも多いなと学びました。

家でネットで調べているだけでしたら「田舎には仕事がない」と思っていましたので考え方が少し変わりました。

どういう仕事の流れなのかを知ることもなかったでしょうし、「新しい世界」を知れて「知り合いも増えて」そして「稼げ」、一石二鳥だったと思います。

もちろん、在宅ワークも模索中でありますが、ブログも注力していきたいのでほどほどにしていきたいとは思っていますが。

以上、「田舎に仕事は無くはない!」の記事をお伝えいたしました~。
今回私のように久しぶりの短期労働はこれが必須でした↓

汗は見えなくてもじわじわかいているものですね~。

 

 

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^