田舎はいいところばかりじゃない!③~高知ver.

に引き続き、「高知に限っていえばバージョン」でお届けいたします。

 

①梅雨が長い


昨年、一年間高知に住んで感じたこと。一週間ず~っと雨の日なんてざらです。

洗濯物は、外干するのはある程度あきらめたほうが逆に気持ちがいいです。

湿気が半端じゃないので、

洋服と洋服の間に空気層を入れて余裕のある収納、除湿機など検討したほうがいいでしょう。

なので晴れた日は選択など自然に忙しくなりますw。

24時間換気扇と扇風機は回しておいたほうがベターです。

「空気をまわす」ことを意識すると例えついたとしてもカビ。

あと、休日ももちろん雨のことが多いので梅雨時期は

イオン高知など、全天候型ショッピングモールの混雑がひどいです。

でも東京などの都会と違って、駐車場は何時間とめても無料なのはうれしいですね。

梅雨が長いのは仕方がない、発想の転換が求められる。

私は、少しでも雨が上がったその隙に、

曇りでも半日だけで歩ける山にハイキングしに行ったりしていました。

装備は汚れますが、雨ならではのしっとりぬれた植物など

撮影するのはそれはそれで楽しめましたよ~。

この写真は「ギョリンソウ」と言って、湿地に梅雨時に生える植物です。

大豊町の「梶が森」で昨年梅雨中の6月に撮影しました。

たとえるなら森のクリオネみたいでかわいい形していますよね^^

あとはクライミングジム。お金はかかりますが運動不足解消におススメです。

東京オリンピックにも種目として選出されているクライミング。

体もそうですが、頭を非常に使うので、通っても飽きないです。

RPGゲームのような「クリア」感。だからやめられなくなる。

大人も子供も楽しいんです!

高知市にも2軒のジムがあります。

アレと、ストーンラブです。

お近くの方はビジター向けの料金プランもありますので

覗きに行ってみてはいかがでしょう?

②夏が暑い

言わずもがな、なのですが昨年は連日35度以上の日が続きました。

暑すぎて山小屋にリゾートバイトしに行ったくらいです・・・。

あとは仕事に日中でかけていたときは冷房がかかっているので快適でしたが、

帰ってきて日々の運動はランニングは絶対無理で、サイクリングに切り替えていました。

夜の運動はライトをつけたり装備は必須ですが、快適です。

走った後は、シャワーでなくぬるめのお風呂にゆっくり浸かって

お風呂を出る直後だけ少し冷房を使用し、

寝るときは窓全開、網戸にして寝ていました。

走った後は程よく疲れているためか、ぐっすり寝れていました。

南国土佐ならではの快適夏の過ごし方ですかね★

今年は古民家暮らしなのでいくらか暑さは解消できるかと思いますが・・・・

ちなみに今の家にはクーラーはありません。

またこの夏の様子はレポートいたしますね★

まとめ

雨が多いから外が暑いからといって冷房のかかった部屋に引きこもるのはもったいないです。

発想の転換で、室内のアクティビティで積極的にからだを動かしましょう!

高知の子民家には扇風機は必須です!広いといくつか必要なんです。↓

 

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。