イベント

みんな打ち解けたい?ならばBBQだ。高知のBBQはかつおの藁焼きもあるゼヨ!

高知県佐川町の夏は暑い。でも河原でBBQは涼しいよ!

こんにちは!aimiです。

今日も昨日に引き続き真夏日。

わが高知県にも夏がやってこようとしています。佐川町は山に囲まれているので空気の逃げ場がなく篭るんです。典型的な「盆地」地形ですので暑くなりやすいといわれています。

さて、家の前の川《仁淀川の支流》の上流にて、地元の山のおじさんからデイキャンプのお誘いがあったのでいってきました。お酒が飲みたいので歩いていったのですが、登りなんで暑い暑い!

実は、家より上の集落に上がったことがなくて、登るの今日が初めてなんです。ビールの入ったクーラーボックスを持ってバス停ひとつ分ちょっと歩きます!

クーラーボックス片手に歩く夫の姿。
交通の便は決していいとはいえないですが、山の上に人々の営みがあります。

道中野イチゴがいっぱいなってて幼少時代を思い出しながら食べました。家の近くで収穫できるとは・・・(驚)

高知でBBQすると、かつおのわら焼きが確実に出てくるよ!

さて、高知でのBBQは初めて!

結構ぴーすけさんとか高知に移住されている方々もされているのですが(ブログで見させていただいています)高知のBBQといえばかつおのわら焼きたたきがメインなんですね!

鰹のわら焼き #バーベキュー #わら焼き #カツオ #炎

yokoさん(@abeyouko6781)がシェアした投稿 –

さて、私たちも農家さんが持ってきていただいた「わら」を惜しみなく使い藁焼きしちゃいます!

事前に鮮魚店で予約していたという「生かつお」6本をガンガン焼きます!

さすがに間近で見ていると熱いです・・・すごい熱気にいぶされます。

地元の「山のおんちゃん(おじちゃん)」が初心者の私たち優先に様子を見せてくれました。おかげさまで写真とりまくれましたwありがたいです。

まずは塩だけで食べます。アクセントににんにくも。高知では生にんにくを乗せるのが定番なんです。

藁でいぶされた場所がまた香ばしい。生暖かいままつまみ食いまでさせていただいて・・・ビールも開けちゃいましたw

う・・・うまい。(感動)・・・。

イケハヤさんみたいに

「東京で消耗している」皆さんを

煽りたくなりましたよ。

これは高知でしか食べれない。

本場で食べてほしい!

 

かつおの藁焼きたたきのお供はやっぱり白いご飯でしょ!

準備も進み、お米の蒸らしも終わったところで・・ご飯の登場!

お米の水かげんが絶妙でおこげができててうますぎました。農家の方が毎年水加減の調整していただいていてばっちりなのだとか。

米がたっている!

米だけでいけます!

ダッチオーブンのようにふたの上からも熱せられているのか、上にもうっすらおこげ。

 

 

仁淀川の川遊びもオプションでついているのが高知・佐川町のBBQ。

食べおわって腹ごなしに水遊びもできちゃう!

仁淀川の支流の川ですから間違いない!魚の影も見える!

楽しい宴の後は、「山のおんちゃん」が1人で今日はテント泊だというので、手作りテントを見せていただくことに。

↓これが模型で、佐川町のご予算で手作りされたものなのだとか。

骨組みはすべて竹です!竹は水分を含んでいてしなって伸びやすいんですよね。

自伐林家の1期生の方の卒業生作!興味深く見学させていただき、夫もこれからの「わくわくする仕事」を目の前に目がきらきら★

楽しい高知の初BBQは幕を閉じたのでした~。

 

 

まとめ

高知でBBQすると確実にかつおのわら焼きが食べれます!

おなかいっぱい食べた後は涼しく清流で遊べます!

何気ない日常がハッピーなaimiでした。

「仁淀ブルー」という日本酒を

佐川町の「司牡丹」という酒造が作られています

よろしかったらどうぞ!↓

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^