【知らないと大後悔】「モネの庭」について押さえておくべき3つの重要なコト

先日初めて「モネの庭」に行ってきました。

高知県のどこからでもかなり距離がある「モネの庭」。

高知市内からでも1時間半かかります。

それもそのはず、「モネの庭」もある北川村には高速道路が通っていないのです…

「モネの庭」とは

印象派の巨匠クロード・モネは、列車の窓から見たジヴェルニーの景色の美しさに心奪われ、43歳でフランス北部にあるジヴェルニーに移り住みました。そして、セーヌ渓谷の肥沃な土地に、理想の家と庭を作りあげました。

ジヴェルニーの庭は彼の創造の源泉となり、「睡蓮」などの多くの名作を生み出す舞台となりました。 北川村「モネの庭」マルモッタンは、この庭と家をクロード・モネ財団の指導を仰ぎながら、彼の精神と共に再現したものです。

~「モネの庭」ホームページより引用

中学校の美術の教科書でだれもが見たことがあるのではないでしょうか。

「モネ」の絵画。

下の絵を見てください。左がモネの絵、右はお花の写真です。

まるでうごめいているようですよね。

モネは日本の「浮世絵」に大変影響を受けています。

「モネの庭」ホームページより引用

 

そんなどこからでも距離があるという、「モネの庭」。

午前中早めに出られることをオススメします・・・・。

なぜなら・・・

「モネの庭」について押さえておくべき3つの重要なコト

①必ず開園と同時に入らないと睡蓮の開花が見れない!

「モネの庭」のメインである「睡蓮の花」は午後には閉じてしまいます。
ぜひ午前中にご覧ください。開園は10時です。睡蓮は朝に開花し、お昼を過ぎると眠るように閉じます。
一つの花は3回開いて閉じてを繰り返します。午後には閉じるのでぜひ午前中にご覧ください。~「モネの庭」HPより引用

そうなんです!午後に行っても睡蓮が開いていないのです!

私はそれを知らなくて閉園1時間前に入ったら2輪くらいしか開いてませんでしたw

残念極まりないことをしました・・・。その他のお花は時間制限ないんですけどね。

リベンジを誓いました。

つぼみに戻ってしまっています・・・・。残念です。

上品な小さなお花。デリケートさにまた萌えたのでした。。。

以前「平家平」で見た「カタクリ」も時間制限付のお花でデリケート。

写真に収められる範囲にあったのはたった一輪でしたよ・・・・。

でもけなげに咲いているのを見るのは、可愛らしく「守ってあげたくなる」し、また見たくなるものなのですよ。

こちらの睡蓮も「また見に来てね」というメッセージを発していた、と思いたい(笑)

また見に来るそのときまで楽しみは取っておきますw

スポンサーリンク

②事前にネットで花の見ごろをチェック

公式HPやフェイスブックで気になる花の見ごろをチェックせよ!といわれても「ネタバレになるからつまらなくないか?」と思う方もいるかもしれません。

そういう意見は、そういうひとつの意見。受け止めたいとは思いますが(笑)…

特にフェイスブックのほうは毎日更新されているので見る価値が大きいです。

いまだと「バラ」の開花時期の問い合わせが多いとのことで、その問いの答えもしっかり書かれていますよ~。

個人的には山アジサイが見れたのがうれしかったです。

なにげない小道が海外にいると錯覚してしまうほど心地いい!
ミニアスレチックも
 

今までガーデニングにあまり興味なかった方も、時期さえチェックしていけばたくさんの小さなお花と新緑・紅葉に癒されること間違いなしです。

ぜひ写真だけでなく、風を、緑を、お花を実際に感じてみてくださいね。

③カフェ モネの家、ショップのみの利用→入園料は必要なし

カフェ モネの家、手づくりパン工房、ギャラリー・ショップのみのご利用の場合は
入園料は必要ありません

つまり、すべての園内のショップが気軽に利用できます!

ここだけでも来る価値ありですよ。上記の4施設はどれも素敵な場所でした!

パン工房ではゆっくり休憩を取りました。

カフェの中にはゆずを使用した焼き立てパン等がずらり。

ショップのほうはウィンドーショッピングだけでも楽しめますし、ギャラリーの絵はただ壁に張ってあるだけじゃもったいないほど素敵。

押し花体験もショップのほうでできるようです~。

ほんとうに色とりどりのお花の色に癒されます。

自然光の入ってくるレストランには、とってもやさしい緑色が降り注いでいます。

カフェでゆっくりフレンチデートもよし、外のウッドデッキでソフトクリームを食べるのもよし。

このウッドデッキ、ナイスビュー過ぎる!借景が山って!!

ゆず果汁をかけていただく、「ゆずソフト」酸っぱさがさわやかで心地いい!

結婚式の前撮りも行われていて、素敵だね~って話していました。

こんなロケーションで撮れるなんて、高知市内からでも来る価値ありますよね^^

スタッフさんが各場所をしっかりご担当されていて

きめ細やかなサービスは気持ちのよいものでした。

 

今回、カフェモネの家の音楽イベントで訪れたのですが

イベント終了後=閉園後の真っ暗になった駐車場で、整理してくださるスタッフさんの一生懸命さには特に心打たれました・・・。

北川村の夜は暗いゼヨ・・・・。ありがたかったです。

ぜひ、モネの家はこれからが本格的花シーズンを迎えますので訪れてみてくださいね☆

 

北川村「モネの庭マルモッタン」へのアクセス

【住所】高知県安芸郡北川村野友甲1100番地

開館時間:10:00~17:00(最終入場16:30)

/ 7月~8月は9:00~16:00(最終入場15:30)
休園日:毎週火曜日(祝日の場合は営業)

/ 年末年始(2月26日~1月1日) / 冬期メンテナンス休園(1月中旬~2月末)

 

ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高15,000PV/月、収益6,000円/月)を伸ばして収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。