おすすめ商品

コンデジなのに星も撮れちゃう!Canon「powershot G7X」を紹介するよ。

こんにちは!アウトドア大好きなaimiです。

先日、隣の越知町で彼岸花の撮影にも使用したカメラのご紹介です。

 

Canonの「powershot G7X」はコンデジなのに星も撮れる!山好きにはオススメ

半年前ほど前に購入したコンパクトデジカメのハイスペックなカメラ、

Canonの「powershot G7X」をご紹介します。

私がミラーレスや一眼にしなかった理由

今回、なるべくコンパクト&ハイスペックなカメラを買うにあたり、ミラーレスと相当迷いましたが、ハイスペックコンデジという選択肢もありだな、と検討していました。

  •  画質
  •  操作性
  •  バッテリー
  •  携帯性
  •  機能性
  •  液晶
  •  ホールド感
  •  「wifi」の機能

なかでも「携帯性」は重要視しました。

理由は圧倒的にアウトドアシーン(おもに山)で使いたかったから。

そして、星も撮影できる機種を探していました。実はこの「G」シリーズは以前から全機種、ずっと撮影できるモデルなのです!他の機種よりも明るいレンズを使用しており、暗い場所の撮影に強いのです。

以前使用していた、機種『powershot G16』が大変優秀だったので、こちらもその後継機として目をつけていたところでした。

G7Xで撮影したもの。10秒露出。飛行機もはっきりと軌跡が写っています。

画質

パソコンやiPadのモニタで見るには十分です。色もクセがありません。

操作性

メニューはほかのCanonのカメラ同様、ほぼ共通で迷うことはありません。

ダイヤル式のメニュー、ボタン類の反応もとても早く、狙ったメニューにすぐに到達できます。

写真はG7の一つ前の型、G16です。5年以上使いましたが、こちらと大幅な操作変更はなかったです。

 

バッテリー

1250mAhの容量で、少し大きめです。

写真枚数はわかりませんが、動画は30分×3本は撮れます。

とくに星の長時間露光など撮影時はバッテリーを消耗するのですが、これくらいの大容量なら予備バッテリーも要りません。

星を撮影するときは大体泊まりで山に入りますので、荷物も少なくなるのは助かりますよね。

携帯性

ずっしりしていますが、40倍ズームであることと、外装の質感が良いことを考えると問題ありません。

長時間使わないときはこのケースに入れて持ち歩いています。皮製でしっかりしています。

とくにレンズ部はデリケートなので注意したいところですが、このカメラは電源オフのときにレンズ部が真っ平らになるため、非常に気に入っています。

私の場合は基本、主に使うのは登山のときですが、その際のスタイルは「純正ストラップ」(付属品)をつけて首からぶら下げて歩いています。

 

こちらは着せ替え用のストラップ。コーディネートにあわせて変えてみるのも面白いです↓

機能性

60PのMP4動画がボタンひとつで撮れることで重宝しています。ビットレートも35Mbpsとちょうどよく、iPadに取り込みしやすいです。

手振れ補正もよく効きます。40倍ズームのレンズ繰り出しに時間がかかりますが少し気になる程度です。

MVI_1716

液晶

外でも比較的見やすく精細です。チルト(液晶を傾ける機能)がこのモデルより搭載されました。

ホールド感

ずっしりしているのにしっかり持つことができます。ざらざらとした部分(滑り止め)もついています。

「wifi」の機能

「インスタグラム」での写真アップは、基本スマホでの写真しかアップできないということなのですが、スマホの画質にも限界があります。

「powershot G7X」なら、パソコンも立ち上げることなく、写真の投稿が可能です。

スマホに「Canon camera connectアプリをインストールし、アイコンをクリック。

[appbox appstore “id944097177” screenshots]

あとは指示に従い、自宅のwifiのパスワードを入れるだけ。手続きは簡単です。

カメラで選択したものだけを転送という形なので、100枚とか送信する場合はさすがに時間がかかりますが、30枚程度ならたった1分程度。すごく便利。

私の場合、毎回登山の後はパソコンも立ち上げず、まずインスタにアップしたいので即効スマホに取りこみますw

ただその場合はスマホのメモリーの容量にもかかわりますのでアップしたら消すか、またはパソコンのハードディスクにバックアップを取っておくとよいでしょう。

総評

コンパクトカメラとして性能を割り切って考えるなら、とても良い機種です。6万円強とミラーレスに匹敵する値段ではありますが、一度修理して使うほど愛着のわいている機種です。(一度、液晶破損で15000円で修理に出しました)

この機種のいいところは、当然ながらミラーレスや一眼レフと比べ圧倒的に「コンパクト」なところ。それにもかかわらず、登山のお供に持っていってもハイスペックな写真が撮れます。

三脚を持参すれば山小屋からの星景写真撮影も可能。軌跡も撮れますし、とにかく手放せない一台です。これを購入してから真の一眼レフはどうにもならないくらい大きく感じて手放しました。

レンズを最大に出し切っても3センチ程度の幅です

 

アウトドアに特化。激しい運動には小型で耐衝撃・防水「TG-4 Tough 」がオススメ

ロードバイク、ラン、カヌーなどの激しいスポーツには、キャノン以外のアウトドア向けの機種をご紹介します。

紹介するのは、私の仲間も多数愛用しているオリンパスのタフシリーズ。

友人はソフトケースに入れてカラビナでザックに固定してました。安定感抜群!

機能に「耐衝撃・防水」はあったほうがいい!という人にはオススメです。先ほどご紹介したpowershotには防水機能はないので・・・・

発色もとってもよく、お花の写真見せていただいたときは、一眼に遜色なくびっくりした機種。

私の持っているパワーショットシリーズよりもコンパクトですよ~。

個人的にはロードバイク(自転車)乗車時には「powershot G7X」は持っていかないのですが、この大きさならアリ!

ますますアウトドアアクティビティに連れまわせる相棒が増え、嬉しく思っています。

剣先烏賊水中撮影^_−☆ #ケンサキイカ #剣先烏賊 #水中撮影 #olympus #tough4

大工船長さん(@daikusenchooo)がシェアした投稿 –

以上、『Canonのwifi対応のカメラ、愛用機「powershot G7X」を紹介するよ。』の記事をお送りしました。

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^