登山

ジムなんてありませんよ。田舎での基礎体力維持方法教えます。

田舎にはジムがありません。

あっても自治体運営のプールやテニスコートだけなど簡素な場合が多いです。

わたしの住む高知県佐川町にも例外ではないです。

しかし、わたしは泳ぐこともテニスもできません…。

県庁所在地かそれに順ずる地方都市ならジムくらいあると思うのですが

田舎では需要がないためジムはありません。

しかし、車社会の田舎では運動は意識づけて行いたいものです。

そこで、お山の中に移住したわたしが実践している

3つの「基礎体力トレーニング」方法をお教えします。

  1. 「ランニング」
  2. 「ストレッチ」
  3. 「ヨガ」

ランニング

家から「せーの」でできる非常に効率のいいトレーニング方法です。

ウォーキングはかなりカロリー消費効率が悪いので、

「ランニング」とさせていただきました。

体重50キロの女性が1時間かなりゆっくり

ジョギング6.4キロ/hをするだけで約333cal消費します。

ジョギングからでもスピードを徐々に上げていくのが理想ですね。

以前ご紹介したこともあるサロモンのシューズ↓

靴ひもが絶対取れないので、気持ちよく走れますし、非常におしゃれで気に入っています。

ストレッチ

特に田舎では在宅ワークや、農作業で腰を痛める人が多いかもしれません。

腰痛の原因は姿勢が悪いのがもちろんですが、

意外に思われますが「腹筋」「背筋」が弱いことが大きいです。

わたしはこの2つの筋肉を鍛えるだけで、腰痛がうそのように治りました。

神奈川にいたころ、ボルダリングジムで

このストレッチポールで伸ばしてから取り掛かると非常にリーチが伸び

取れるホールド(石)も増えたので、今の家で取り入れてみました↓

背筋を伸ばすのにとても適した商品です。

ヨガ

いまの場所に住む前に

高知県南国市に住んでいたときにヨガ教室に通っていたのですが

そちらの教室で学んだことがきっかけで

サッカー長友選手の「ヨガ友」を取り入れています。

このDVDのいいところは、「ヨガ」にストレッチ的要素が入っていることです。

ヨガとストレッチが一緒にできるというのはかなり効率がいいです。

あらゆる筋肉が伸びて気持ちがいいですよ。

男性でヨガ教室はちょっと躊躇する・・・という都会の人でもオススメ!

※一般的にヨガ教室は女性が多いです。

まとめ

いまの場所に引っ越してきてからかなり真剣に運動不足を実感します。

車がないとどこにも出かけられません。(最寄コンビニまで車で15分)

特にランニングは個人的に猛烈にプッシュしたいですね。

田舎であればあるほど広いフィールドで練習できるメリットを感じますよ。

まるでプロのマラソン選手の高所トレーニングのような感じです!

さあ、はじめましょう!思い立つ日が吉日です!

以上、「ジムなんてありませんよ。田舎での基礎体力維持方法教えます。」の記事をお送りしました。

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^