おすすめ商品

『楽天モバイル』なら1日87円。アウトドアライターの私がオススメする5つの理由

こんにちは!aimiです。

以前「楽天モバイル」にしてからさっそく暗証番号を失念した件について書きました。

今回は、そのできごとを含めてもまったく問題がなく、アウトドア好きのわたしにとっても「楽天モバイル」が非常に「使える」優秀なキャリアだということについて書きたいと思います。

格安スマホを検討→移住と重なり懸念点も。

わたしはスマホ発売当初、本体や通話料の驚くほどの値段の高さに、閉口していました。

しかし、2017年ともなると、本体が5万以下のモデルが続々出てくるようになったのと、ガラケーの機能にも限界を感じるようになってきました。

そのような経緯から、7年間使った端末に別れを告げることにしました。

いよいよスマホデビューです。(やや遅いw)

このとき、わたしたち夫婦の最大の懸念点だったのは以下のの3点です。ひとつずつ見ていきましょう。

懸念点

高知の山奥に引っ越したこと

高知県佐川町(山の中)に住むに当たって、役所の方から「ドコモは安定している」と事前に聞いていました

ソフトバンクにあたっては、前の住民さんいわく「ほぼつながらない」とのこと。

わたしたちが選ぶとしたら「ドコモ回線一択」でした。

趣味である登山・災害時にも使えるのか

わたしたち夫婦は登山が趣味なのですが、週に1回は携帯の電波があるかないかというところに遊びに行っています。

となると、最終コンビニならぬ、最終電波エリアが「登山口」。

またはそのずいぶん手前ということもしばしばあります。

そんな不安定な電波の中、ドコモは積極的に「登山道専用アンテナ」で「つながらない場所を絶えず補う工事をしている」サイトに書いてあります。

実際「日本百名山」のほぼ全部を網羅しているとのこと。

登山中でも、できれば連絡を取り合えると安心です。

たとえば

  • 家族に帰りが遅くなることを伝えたり、何かあってもなくても状況報告したほうが安心
  • 山小屋に泊まる際でも、遅くなる際は電話で伝えたほうが先方も安心。「到着が遅い」のは万が一のことも考えると、山小屋側は非常に迷惑。
  • スマホでしか使えない「YAMAP」という山アプリでも、GPSで仮にオフライン(機内モード)でも自分の位置が確かめられる

YAMAP ~登山・アウトドアに関する情報共有プラットフォームアプリ

https://yamap.co.jp/top

スマホにはGPSが内蔵されていますので、オフラインだったとしても微弱な電波から遭難時のの捜索の手がかりにも有効なんです

2018年のGWに新潟県阿賀野市の親子が遭難した痛ましい事故がありました。

この山は低山ながらも道迷いを誘発するような登山道だったと話題になりました。

親子がスマホを活用できていたら…と思うと無念でなりません。

(きっとGPSを利用していなかったと思われる)

登山以外の場面でも、緊急時・災害時にはドコモが一番強いのは、いろいろな場面で証明されていることですね。

緊急地震速報対応端末(初期設定にて)2016年10月5日現在。
honor 8, ZenFone™ 3, BLADE E01, arrows M03, AQUOS mini SH-M03, P9, P9 lite, honor6 Plus, P8 lite, ZenFone2 Laser, ZenFone Selfie, ZenFone2, ZenFone5, AQUOS SH-RM02, arrows RM02, arrows M02, ARROWS M01, Desire626, Liquid Z330, VAIO Phone Biz, Ascend Mate7 MeMO Pad7, ZenPad8.0, ZenPad10

 

 

毎月負担を小さくできるか

こちらは田舎暮らしをするにあたって重要なことのひとつでした。移住後、収入は激減しました。

共働き・正社員年収計600~700万

↓移住後

・夫は地域おこし協力隊で勤務・年収200万

・妻は時々アルバイト。

できれば格安スマホ各社のCMで見るような料金、3GBの通話付1,600円プランで収めたい。

端末保証などをつけてざっくり夫は3,000円、わたしは2,000円としても

夫はスマホで約8,000円払っていたのですから-5,000円。

わたしも5,000円でしたから3,000円だとしても-2,000円ほど。

夫:5,000円×12=60,000円/年、

私:2,000×12=24,000円/年。

夫婦あわせて84,000円分/年、浮きます。

楽天モバイルに変えるだけで、かなりの節約になります。

実際、初月請求は2,610円でした!

1日当たりの利用料は87円(30日計算)ということになります。

アウトドアライターの私が「楽天モバイル」をオススメする5つの理由

理由は以下のとおりです。

ドコモ回線を使用している

日本で一番信頼できるキャリア回線です。

楽天ポイントがたまる・使える。しかも通話SIM契約中はずっとポイント2倍。

わたしは楽天市場で、お気に入りのコーヒーを同じお店から買っていたりします。

つまり楽天ポイント利用者ということです。

読者さんもほとんど皆さん使われているのではないでしょうか?

そして通話SIM契約中に楽天市場で買い物するとポイントが通常の2倍つきます。

本来、100円につき1ポイントのところが2ポイントになります。

これはとてもうれしい特典ですね。

たまったポイントも即座に利用できるので、さらに割引になる

 

月々の通話料。はみ出ている金額は、ほぼ両親とのSMSの追加料金。

 

本体とSIMセット購入で割引がきいたこと

わたしは前述のとおり、ガラケーからの転出になるので、本体も買わなければなりませんでした。

そういう方には特に楽天モバイルはお得!

本体とのセット割引価格を導入しているのは、「楽天モバイル」だけ!

分割で購入するよりも料金がわかりやすいので、一括払いがオススメです。

他社ではあまり見かけない、評判のHUAWEI (ファーエイ)社のはすべて取りそろっていますよ!

2018年3月のキャンペーンは980円の端末から2万円程度までが買い。層は厚い

楽天グループのアプリ「Viber」・または「LINE」を使えば通話なしプランでも通話やメッセージが無料

楽天グループの「Viber」というアプリを使えば、通話、メッセージは完全無料。

世界で10億人以上に選ばれる無料通話&メッセージアプリ、Viber(バイバー)

https://viber.co.jp/

iPadやタブレットなど、070/080/090番号での通話機能がない端末でも、「Viber」なら利用可能です。

もちろん、日本のほとんどの人が使っている「LINE」で通話・メッセージ代の節約も可能です。(通信料のみかかります)

楽天モバイル限定の端末も!

ほかにも、楽天モバイル、ならびに楽天市場でしか購入できない端末もあるのでチェックしてみてくださいね。

今なら最新モデルhonor9の限定色が楽天限定で手に入るチャンスも!

わたしは探していた機種「honor 8」が楽天モバイルでしか販売されていないことを知ったので「楽天モバイル」一択。

ある意味「囲い込み戦略」なのでしょうが、使う側としてマッチしていればどんどん利用すべきですよね(笑)。

 


通話料・通信料に関しては、格安スマホのキャリアは似たり寄ったりの料金体系なのですが、ほしい端末がある場合は、割引率も高いのでかなりオススメになります。

うまく使えばかなりお得になります!!

楽天モバイルのお申し込みはこちら↓

 

まとめ:楽天モバイルは、アウトドアシーンでも十分使えるキャリア

いかがでしたでしょうか?

2018年3月現在、約1年間使用しましたが、かなり満足しています。

本体も、「楽天モバイル限定」で買ったからか、あまり知り合いとかぶることもなくてまだまだお気に入りの端末。

人気機種なので値下がりも意外としないものなのですね。

メルカリで見ていてもまだまだ15000円は堅いです(笑)見る目がありました。

メルカリでhonor8を検索すると、発売から2年近くたった2018年6月現在でもこの価格

 

値崩れを起こしていないということは、それだけ人気があり、楽天モバイル自体も信頼されている証拠。

夫も少し遅れで乗り換えましたが、想定どおり5000円/月も利用料金が下がって、大満足。

乗り換えが遅れれば遅れるほど、損する金額が増え続けるのなら、さっさと乗り換えたほうがお得ですね!

楽天モバイルのお申し込みはこちら↓

「楽天モバイル」の契約の流れ

  1. 「楽天モバイル」に対応したスマートフォンを用意する
  2. 「MNP予約番号」を発行する
  3. 「楽天モバイル」のホームページから申し込む

「楽天モバイル」に対応したスマートフォンを用意する

「SIMフリー端末」かドコモ対応端末を1台用意しましょう。

au、ソフトバンクモバイルのiPhoneを利用するにはSIMロック解除が必要になります。

キャリアごとのSIMロック解除条件https://mobile.rakuten.co.jp/article/iphone/simunlock/

※通信方式の違い、またはSIMロックが解除できないことから利用できないケースもあります。

「MNP予約番号」(電話番号を引き継ぐナンバー)を発行する
  • ドコモの場合(電話・ネットで受付)

https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/release/

  • auの場合(電話・ネットで受付)

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/contract/cancel

  • ソフトバンクの場合(電話のみの受付になっています)

https://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/mnp/

「楽天モバイル」のホームページから申し込む

申し込みの前に・・・ちょっと耳寄り情報!

※楽天モバイル エントリーパッケージ SIMカード(430円)を

アマゾンで購入すると、事務手数料3,000円との差額分約2,500円分が節約できます。

エントリーカードが届いたら早速ネットで手続きしていきましょう。

①「楽天モバイルのお申し込みはこちら」をクリック
②「エントリーパッケージの利用」を選択
③端末を選択&SIMが必要ならSIMにもチェックを
④SIMのタイプを選択

(SIMが要らない方はここはスルー)

⑤選択したものが表示されているか、最終確認

間違っていたら「選びなおす」をクリックして再選択しましょう!

⑥料金プランの選択

自分にあったプランで上手に節約しましょう。

⑦端末購入の場合はカラーを選択
⑧特典がある場合は、きちんと希望のものが反映されているかを確認する
⑨サービス&アクセサリーを選択し、個人情報を入力していけば完了

ちなみに、わたしは端末保証(月額500円)だけつけました。

→のちに、1年で元が取れたため解約しました。

⑩本体とSIMカードが届いたら、本体にSIMカードを挿す。
⑪SIMカードを挿入後、「APN設定」をすることでインターネットが使用可。

この「APN設定」は使用する端末の種類によって設定方法が異なるので注意してください。

ここまでですべての設定が終わりです。お疲れさまでした!

SIMの挿し方とAPN設定

https://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/rmobile_co/

まとめ:「楽天モバイル」契約の流れ

  1. 「楽天モバイル」に対応したスマートフォンを用意する
  2. 「MNP予約番号」を発行する
  3. 「楽天モバイル」のホームページから申し込む

 

いかがでしたでしょうか?

そんなに設定は難しくなくて、わざわざ街にでて店頭にいく必要もないです。

(というか田舎すぎて、我が家の近くに支店はございませんが・・・笑)

ご心配だという方は、もちろんお近くの店頭でも手続きが可能です。

もしも少し遠くのお店にに行くことになっても「これで安くなるのなら」・・・・と思えば楽勝。

交通費のもともすぐにとれるでしょう。

平均1人5000円も浮くんです。行ってみる価値は大いにあります。

楽天モバイルショップ店舗一覧

https://mobile.rakuten.co.jp/shop/?l-id=floating_pc_shop

読者の皆さんも87円/日の激安スマホライフを楽しんでくださいね~。

楽天モバイルのお申し込みはこちらから↓

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^