耳で聞く書籍♬Amazonオーディブル無料体験、いまなら1,500円分のクーポンがもらえるよ
              

上質な時間。福寿草が咲き始めた徳島県の寒峰(かんぽう)へ

 

こんにちは!aimiです。

先日、積雪があったと聞き、徳島県三好市東祖谷村の「寒峰(標高1,605m)」に登山に行ってきました。

寒峰とは

この山の魅力は、やはりその風貌であろう。冬枯れの柴に黄色く色づいた姿、夏のシコクザサの鮮やかな緑、そして雪化粧。どの装いも、均整のとれたプロポーションによく似合う。展望もすばらしい。特に三嶺から天狗塚への稜線は指呼の間である。(ヤマケイオンラインより引用)

福寿草が咲きはじめるのは、例年3月ごろ。

そのころは残雪があり、雪山登山経験者しか寄せ付けない山になっている。

私たち夫婦は、YAMAP という登山アプリを見て

福寿草が開花したことを知り見に行くことにしました。

福寿草の花言葉は

「永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福」。(wikipdiaより引用)

なんて縁起がいい花言葉!

早速見に行ってみました。

コース

住吉神社→林道合流→寒峰山頂→縦走路分岐地点→廃屋→林道合流→住吉神社   【コースタイム5時間半・休憩40分含む】

 

今回、寒峰のコースはぐるり周回ルートをとることにしました。

意外と体力勝負のルートでしたが、久しぶりに鍛えられてよかったですw

住吉神社→林道合流→寒峰山頂

住吉神社登山口から先は林道歩きです。途中、土砂崩れの工事で寸断された場所から登山道に入りました。結構な傾斜ですが三点支持でよじ登ります。

荒れ果てた工事現場横の斜面を強行突破
春霞。花粉のシーズンももうすぐ
トレースなし。先行者はいませんでした。

登山道に入ると急登、傾斜のゆるい道の繰り返しが続きます。稜線手前はまた急。途中、雪で道を見失いましたが、ヤマップと照らし合わせ何とか復帰。ここさえ乗り切れば絶景が待っています。

ここからは逆周回をしていた人のトレースがあったのでそれを追うように進みます。山頂に着きました!

風もないので、ゆっくりと青空を堪能し休憩します。

四国でのこの雪景色は贅沢のきわみ!
温かい卵スープが染み渡る!

寒峰山頂→縦走路分岐地点→廃屋→林道合流→住吉神社

山頂を後にすると行きのルートよりもゆるいトレイルが広がっていました。

ただ住吉神社からのピストンの人が多いのでトレースが多すぎて&温度も上がりべちゃべちゃ雪に。往路の新雪トレイルが贅沢だったことを実感。

ただこのルートには2つの見所が。ひとつは大ブナ!

枝を青空に広げ、なかなかどっしりと存在感ありました。

 

2つ目はお目当ての福寿草。これはもうだいぶ下ってきて林道に出る手前でしたが・・・・

最後、福寿草の群生に差し掛かったとき、

植物に興味のない夫でも、「あ、咲いてるよ」と声をかけてくれました。

花のない季節、色が「土色(茶色)」ばかりの景色に

けなげに小さく咲いているその姿に励まされました。ほほえましくなります。

春の訪れを存分に感じられた山行でした~。

今回のYAMAP記録はこちら

咲いたばかり。けなげだ~

春の山には雪がないと思ってても突然雪山になることも?

チェーンアイゼンを保険として一つ持って行きましょうね~

この山行はこれで十分でした↓

 

ストックもお忘れなく↓
ABOUT ME
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 当ブログ(最高26,000PV達成)の収益を拡大し、ライターの仕事と組み合わせ生活できるように奮闘中。 月に2回くらいは山に泊まって過ごします。高知のおいしい食べ物と日本酒が好き。