仕事

15年間のOL時代を振り返る。

こんにちは!aimiです。

私は高知に移住する前、大学を卒業し15年間正社員として働いていました。

15年間、正社員として仕事してよかったこと=給料日にちゃんと給料がもらえること。

15年といっても、3社で15年なので

内訳は・・・
1社目 自動車部品会社 1年半くらい
2社目    〃        7年半くらい
3社目     〃       残りの期間(2016年まで)

とぜーんぶ自動車関係に勤務していました。

というのもまったく自動車に興味があったからではないんです。

「お給料が、給料日にもらえれば」それで満足していました。

1社目・・・フォークリフト・自動車部品の塗装メーカーの事務

やっとこさ内定をもらう

就職氷河期といわれていた大学4年生の12月。

残念ながらまだシュウカツは終わっていませんでした。

もともと私は要領がいいほうではなかったのですが、結構回りも決まっていない人もいたので、「こんなもんだよな」と思っていたのですが

「さすがに4年生大学卒でフリーターは辞めなさいよ」、

と親の一声で焦りを感じ始めました。

超地元の求人広告で「受けてみるか」程度の気持ちで受験。見事に(?)受かりすがる思いで就職活動を終えました。

そのおかげもあってか、4月まで安心して大学生活を満喫できたのでした。就職氷河期にぶちあったせいもあってか、就職活動はとても消耗するものでした。

違和感をすぐ感じ始める

私、はじめは従順で何でもやる女性事務社員で通っていました。

しかし異常な環境に息くるしい日々が続いていました。

その異常な環境というのは、見渡してみる限り、

定年間近・過ぎ(定年制のない会社でした)の方々が8割という高齢化具合。

なので70近いおじいちゃんが塗料の配達に行く始末。

「1日運転してて事故らないのか?」と不穏に思いながらも見守りました。しかしベテランには違いないのでおじいちゃん達とはうまくやっていました。

ほかにはおばあちゃん事務員(年はいっているけど、背筋は伸びていてよぼよぼはしていません)が就業中にネットサーフィンをしていたり自由な会社でした。

私の仕事はというと

月1回だけ「スキャンできるデータをあえて手入力する」変な仕事をやったり、たまに営業さんが持ってくる手書きの見積もりをきれいに作成したりしていたのですが、明らかに私に振られる仕事量も、ネットサーフィンやってたおばあちゃん事務員同様に少なすぎて

「何で私を雇用したのか?」がわからない状態の日々が続きました。

しかしボーナスを6月と12月にもらったときは「正社員最高」と思いました。

しかし平穏な日々は長くは続かなかった・・・社長の息子とケンカ

暇な時間が多いのはいいのですが、許せなかったことがひとつありました。

隣のデスクの上司が、「ほぼ勤務時間中ずっと寝ている」ということです、

当時その上司はよく夜遊びの話題を振ってきて困りました。彼女もいないくせに&酒も飲めないのに、何こんなに夜遊びしてるんだ?コイツと思ってました。

しかも、この上司は社長の息子で、「次期社長」になりうる地位にいました。

ある日、その上司を怒らせてしまいました。

何か忘れましたが、入力の件でミスを注意されたときがありました。

「何でここ、間違えちゃうのかな~」

「やり直してよ、すぐ。

○菱に誤りに行くのは僕なんだから困っちゃうなあ~」

といわれカチンときてしまったのです。わたし。

「ほとんど寝ている人に言われたくありません」と。

次の日、即効社長に呼び出されて部署異動を言い渡されました。

こんどは会長の息子の下で働く日々

その当時「会長の息子」も別の課にいて、

その方のほうが明らかに人望も厚く仕事熱心でした。

その方の下で働けることになり私は「怒らせてよかった」とさえ思ったのはここだけの話ですw

しかも、会長の息子っぽくなく、低姿勢な方でとても仕事が楽しくなりました。

振られる仕事もやりがいがあり、

塗装面積の計算や塗料成分測定など、事務とはちょっと違う現場寄りの仕事になりました。

仕事で暇になる時間もなくなり、

現場を事務所の行き来で定時に帰れない日もあるほどでした。

離れられた社長の息子が口出ししてきた

ひとつ、入社当時からこの会社の許せない点がありました。

「10時と15時に事務所の皆さんに女性社員がお茶を入れること」

古すぎると思いませんか?

しかし当時、定年間近の人が多い会社だったのでそれがまかり通っていました。

4人の女子事務員で当番で回していたのですが

その日は私が当番で、

残業中に事務処理を追えて残業時間中にコップ洗いをしていました。

そしてその事件は起こりました。

社長の息子がつかつか出てきて私に向かっていいました。

「残業中にお皿を洗うのなんて・・・・どうかしている残業泥棒だ」

なんなん?この人?とすごい形相でにらんでしまいました。

ただ、これは決まりごとで決まっているし、

私の上司からも手伝ってくれたこともあるほかの事務女性社員に

「これは仕事としてやっているので時間があっても手伝わないでいい」とお達しを入れていただいた矢先の出来事でした。

私はびっくりしすぎて何もいえなかった・・・・。

でもなぜか悔しくて涙が出てきていました。

わからない慣習とひどいストレスで退職

その後はどうやって帰ったかはあまり覚えていません。

積もり積もったストレスが爆発したのでしょう。

すごく頭が痛かったです。

その次の日、土曜日だったんですけど

気分も落ち着いて上司と話したかったんで電話してしまいました。

一部始終話すと

「今日は土曜日。ゆっくり休んで、どうするか考えればいいよ」

とやさしく言葉をかけてくれました。

電話を切った後また泣いてしまいました。

日曜日、親にもそのことを話し

「社長の息子相手ならしょうがない、辞めたら?」

「まだ若いし、いい会社あるよ」とやめることを提案してくれ、

私もそう思ってたので、退職することにしました。

辞めるのはあっという間にできた

月曜日、社長も会長ももう耳に入っていたのでしょう、

すんなり手続きは終了しました。

今となっては有給も使わせてくれてとても感謝しています。

2社目・・・ちゃんとした自動車メーカーで安心

はじめ新卒で入った会社であまり経験がなかったのもあって、

その経験をもっと積むべきとの判断で2社目を受験しました。

転職活動は3ヶ月かからなかったです。

結構大きな会社(2次部品メーカー)だったので

さすがに2社目は多岐にわたりいろんな経験をさせていただきました。

生産管理、製造。

総務をやらないかというオファーもいただいたことがありました。

総務はちょっと自分に向かなさそうなのでお断りさせていただきましたが

工場というのはこう回っているのかということは習得できました。

しかしながらリーマンショックで「派遣切り」を目の当たりにして

正社員のありがたさを感じた一方、

会社というのは冷たい(当たり前か)なあと実感したのです。

正社員として働いてよかったことは、

見出しにもあるように

やっぱり「給料日にちゃんと給料をいただけた事」くらいでしょうか。

正社員は派遣社員よりも「責任」伴う仕事が多かった?ときかれると

そんなこと無いです。仕事は同じレベルで皆さんこなしていましたよ。

確かに「急に休む」比率は派遣社員さんのほうが多かったのかもしれませんが・・・。

正社員として「社会人」としての経験はつめたけれど、それだけかなあ・・・という感じ。

決して楽しいと思ったことは無かったです。

「こういう風に自動車部品が作られているのか~」って言うことは嫌というほど見てきましたが。

いちばん長くいた2社目では

子育てと両立されている方も同僚にはいましたが、

出産を控えて退職する人とで半々くらいでした。

特に「ゆとり世代」といわれる世代が入ってきてから

「仕事のモチベーション<プライベート」という風潮がいっそう強くなりました。

私もその波に乗り、結婚8ヶ月後、退職しいました。

3社目の会社はメーカーの3次下請け。立場ががらりと変わる。

そんなこんなで、結婚という人生の区切りもあったことから

家も遠くなり2社目を結婚後8ヶ月で退職。

その後3ヶ月で自宅近くの3次部品メーカーに正社員として転職。

このとき30を過ぎていたのでとてもラッキーだったと思います。

転職活動では正社員での就職は厳しいかなという言う手ごたえでしたので・・・・

3次部品メーカーということもあり

2次メーカーの「パワハラ」らしき言動もちょっぴり横行していた様子。

※とはいえ2次メーカーですよ!?取引している1次メーカーがほぼ1社だけだったので、とことん強気w

上司が食い止めてはくれましたが、

「すぐ来い!」とか上司が言われていて

いろんな意味ですごいなあと圧倒されたこともありました。

その後、1次メーカーの不調もあり、仕事の絶対量が減ったのか

事業縮小することになりやむなく退職する人も続出。

やはり立場が弱い3次メーカーは2次メーカーがこけると

すぐ影響が出てしまう。

その後いろんな事業に営業に行くも、会社は半分の規模に。

人も半分いなくなりました。

前出の上司も転職してしまう始末。

なんだか最後は寂しい感じになってしまっていました。

3社経験したことで

いろんなタイプのメーカーを見させていただきました。

そのせいか、(自動車)メーカーを見る目は肥えたんじゃないか?と自負はしています。

あ、ちなみに3社目だけです、円満に退社できたの。

そして第二の人生を高知で過ごすことに。

そして今。

まったく違う人生を歩もうとしています。

1年間高知県に住んでみて、昔のことを思い出し、比べてみると人生の折り返し40歳を目の前にして、理不尽なつまらない仕事はできないし

もう東京には戻れないな~と再認識しています。

持続可能な生活を模索しながら奮闘中です。

もちろん主人に頼りっきりもよくないので。

ぼちぼち仕事やブログを書きつつやりたいことを見つけていきます。

ここ、高知で踏ん張ってみよう、決意したしだいです。

ABOUT ME
aimi
aimi
神奈川で15年間OLとして勤務→2016.3月高知へ夫婦で移住。 2017年4月から夫が地域おこし協力隊(木こり・自伐型林業)で勤務開始。 これから地方への移住を考えている方に向けて、のびのびと暮らす方法、登山、サイクリング、旅行のこと、いろいろ書いていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^